非日常的ハロルド@どいちゅらんど

ドイツ在住歴10年を超えました。北ドイツでのんびり暮らしています。

ドイツ語試験 Leben in Deutschland/Einbürgerungstest 2


今回は Leben in Deutschland の試験申し込み~当日についての記事です。


【申し込み】
バスで30分、隣町の Volkshochschule(公営の市民学校)まで出向くことに。

はじめは電話で問い合わせ、署名が必要なので事務所の開いている曜日に直接来てくれ
と言われたのでそうしました。
書類に必要事項を記入し、試験料についての説明をされ、
今週はお金を扱う事務員が休みなのでまた支払いに来て、と言われました。

受験するのは自分ですが、また来るのは手間だし、そもそも先日の電話で
そのことを伝えてくれていれば別の日にまとめてできたんですけど云々、
言い返しましたwww
振込できるんだったら帰ってすぐにできます、などいろいろ訴えてみましたが
さすがドイツ。ちっとも聞いてくれませんでしたw

挙句、それだけ話せるんだったらテストも問題ないわね!と言われ、ムッとしましたwww

後日、振込だけのためにもう一度来ました。。。


【試験当日】
月曜日の16時からだったので、レッスンの仕事は振り替えにしました。

わたしは車を持っていないのでいつも電車かバスで移動してます。
この日もだいぶ早い時間に着いてしまうことがあらかじめわかっていたので
お気に入りのカフェに行くことにしていました。

カフェでのんびりしたあと、徒歩で Volkshochschule へ向かいます。
到着したのは試験30分前。外国人らしきグループが廊下の待合スペースにいました。

知り合いもいないので、本を開いて最終チェックしていたら、話しかけられました。
わたしは基本的に面倒くさがりだし、外国人同士だから~という謎の馴れ馴れしさが
本っ当に苦手なんですw
なので、ものすごく塩対応してしまいました。すんません。

試験開始15分前、試験室前で係員が受験者の名前を呼び出し始めました。
名前とパスポートの確認がされてから入室。
入室してからの席は自由。
机の上にはボールペンとパスポートのみ置けます。

試験開始5分前、配られる用紙にはそれぞれの氏名居住地などがあらかじめ
書かれているので、それをチェックすることなどの説明があります。

受験者たちはほとんどここの市民学校のドイツ語講座を受講していたらしく
試験官二名とは顔見知りだったようで、アットホームな雰囲気でした。

16時を少し過ぎたころ、試験開始。制限時間は60分。
早い人は5分くらいで仕上げて退出してしまいましたw
わたしはだいたい30分くらいかけて退出しました。
…そのとき教室には二人しか残ってなかったw遅w


【試験後】
前述のとおり、終了したら退出してもよいとのことでした。
もちろん再入室できないので、提出前の確認はしたほうがいいです。

結果は約4週間後、SMSで各自に合否の連絡が行くので、合格したひとは
証明書を受け取りに来てくださいとのこと。
例によって面倒だったので、郵送にしてもらいました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


結果は 合格 しかも 33問 全正解 でした!

証明書は試験日から約2週間後、封書で届きました。
言われてたよりも早いと嬉しいですよね。このくそドイツめっ!て思わなくて済みますw
でも封書はポストに入らなかったみたいで、折り曲げて入ってました…なんでやねん


スポンサーサイト



関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2020/03/24 17:22 ] ドイツ de 試験 | TB(0) | CM(0)

ドイツ語試験 Leben in Deutschland/Einbürgerungstest 1

ひっさーーーーーーーしぶりにブログを書く気になりました。
お久しぶりです、ハロルドです。

約二年半もブランクがあるわけですが、以前と同じように書いてみたいと思います。



去る2018年3月、就労ビザの更新をしに外人局へ来たわたし。
2017年春にドイツ語試験のB1に合格していたので(過去記事参照)
それを持っていれば永久ビザの同時申請も可能だと思っていました。

しかし、住んでいる自治体の決まりによって、別の試験証明書も必要だと
いうことが判明しました。
わたしが住んでいる地域は北ドイツの田舎なのですが、移民騒動があったときに
かなりの移民が搬送されてきた地域でもあり、そういう人たちと一緒くたにされたのかな
と個人的に推測。。。

2018年の時点でわたしは三年の就労ビザをもらうことができました。
その時の係員から、次回はその証明書があれば永久ビザにできますよと
言ってもらえたので、三年のうちに取得することを念頭に置いていました。



ドイツでは、ドイツの大学を卒業した外国人で
60か月以上公的年金を収めている証明があれば永久ビザを申請できる、
という法律があるのですが、地方によってはそれだけじゃダメということも
やっぱりあり得ることなんだと思います。

古巣ロストックをはじめ、ほかの同じ州の自治体やはたまた違う州で
永久ビザを申請して見事受け取った知人に話を聞いたところ、
そういう試験の証明書は特に必要なかった、と言われたので。



詳しく調べたわけではありませんが、移民希望者やドイツ人と結婚して配偶者ビザを
取得希望のひとはその試験を受ける必要があるそうです。

Leben in Deutschland 又は Einbürgerungstest という名前のテストです。

地域によって名前が違いますが、内容はほぼ同じだそうです。

Fragenkatalog

上のリンクでオンライン試験勉強ができます。公式サイトです。



試験内容は全部で33問。制限時間は60分。
これだけ見るとちっとも難しそうには感じません。
が、内容は大きく分けて3つのカテゴリーから出題されます。

1 ドイツの民主主義と政治形態について
2 ドイツの歴史…戦前のヒトラー政権~DDRと西ドイツが統一するまでとその後
3 一般的な制度、婚姻、宗教、教育など

上に挙げたリンクは330の設問があり、試験ではそのうちの33問が出題されます。
内容は全く同じなので、丸暗記すればいいだけの話ですw

わたしは丸暗記ができないタイプの人間なので、毎日20問~30問づつ
ちまちまこつこつ問題を解いてました。

続きます。

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

タグ : ドイツ語試験

[ 2020/03/08 17:58 ] ドイツ de 試験 | TB(0) | CM(0)

お知らせ。


こんにちはハロルドです。


何年も亀更新になってしまっていることと
こういうブログがあまり流行らない…というか
まあ昨今読み手もずいぶん減ってしまっているだろう
ということで
このブログも 無期限休止 にしようと思い立ちました。


コレは一年前から考えていたし、そもそも文章を書くことが
以前より楽しい作業ではなくなってきているのが本音です。


書くからにはフィードバックが欲しい。
かと言って、惹きつけられるような文章力も無く。
そんなわけで、ブログから離れることにしました。


留学相談も引き続きオープンにしています。
インスタグラムものんびり続けていけそうです。
ツイッターはやめることはないと思われます。
(コレがいちばん更新率高です)


数ある写真だけがブログを消したくない理由になります。
イスラエルとか!ドイツの教会とか!わたしは個人的に大事にしていたい(笑)


いま、とても重要なやりたいことが見つかりまして
それに時間をかけていこうと考えています。
トランペットはライフワークなので、やめることはありません。照


長年チラ見(笑)してくださったみなさま、
どうもありがとうございました。

Auf Wiedersehen !

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2017/08/31 13:32 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

iPod nano を買いました。


タイトル通り iPod nano を購入しました。

長らく友だちから15ユーロで譲ってもらった iPod touch を使用していました。
別に電池の持ちも悪くなかったし、毎日使うほどでもないんだけれど。
なんとなく、買い替えたいなとは考えていて。

スマフォと iPad ですっごく事足りてるんです。
でも、個人的にはMP3プレーヤーって別にあったほうがいいなと。
(このくだりは、iPod touch を買うほどではないという考えからです)

IMG_5867.jpg

IMG_5866.jpg

ドイツアマゾンで定価の1割引きくらいで購入できました^^
色はゴールド。
最新である7世代はビビッドな色ばかりですが、ゴールドなら飽きないかな。

小さいし軽い!

手のひらサイズと謳うこの製品、電気屋で何度も感触を確かめては
「また次の機会に買うか…」
と、なんとなく感触に納得できず、一年半くらい悩みました。

大きさとしては iPod touch のほうが断然好きだったんです。
ひと昔前のスマフォみたいで、持ちやすいのが好みだったから。

でも、ようやく納得できました。
買って届いて使用してみて、良さがジワりましたw

これで10年持たすぞー。



来週から日本です。
今回はぎゅうぎゅう詰め込まず、適度に予定を立てています。
歳を重ねると無理が利かなくなるかも…w などと考えたりwww
昨年は10日間でぎゅうぎゅうだったので、今回は買出しメインの
のんびり滞在にしたいと思っているところですw



そうそう、先日のロストックでの滞在で
いつもお世話になっているお姉さんの猫がかわいく撮れたので
貼っておきますw

IMG_5846.jpg
関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2017/07/23 14:35 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

ショスタコーヴィッチ 交響曲五番


もう七月も半ばになり、あと十日ほどで 夏 休 み !です。

ドイツ語の試験後からしばらく、コツコツラッパの練習をしていたわたし。
アマオケのエキストラとして、ショスタコ五番を吹いたのが先々週。
まあ、一番ではなく三番ラッパだったわけですが(そうだそうだ)
それでもキツイ。

しばーらく演奏の仕事なんかなかったものだから
高音域の感覚を取り戻すのになかなか手間取ってしまった。
六月終盤にトランペットパート練習に参加したけれど
どうにも高音域の踏ん張りが利かず、しょんぼりとした感じに。

ショスタコーヴィッチは、トランペットに対してとても公平に書かれたようです。
キツイのは一番だけでなく、ちゃんと低音担当の三番にまで分担するように
なってるんですね(←え
さすが共産主義 皆平等(←

そんなわけで、三番の割には…というお仕事でしたが無事終了。

正直、完全な助けにはならなかったなあと反省しています。
ほぼオーケストラから離れて生活していて、しかもアマチュアのように
定期的な練習をしているわけではなく、自分のためだけに練習している
日々なので、団体の中で吹くということを思い出す作業をはじめにしました。

もっとガツンと吹けるようなひとでありたいと思っているけれど
なかなか前のように吹けなくなってしまったなあと。

しかし、自分の至らなかった部分を再確認できるいい機会でした。
こうやってオファーが来る限り、満足のいくような働きができることを考え
休み中も練習・鍛錬に励もうと思います。

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2017/07/16 16:31 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)