非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

Barcelona旅行記② サグラダファミリア生誕~内部


二日目はサグラダファミリアへ行ってきました。

この教会については説明するまでもないと思うので 笑
撮った写真にぷちコメントつけときます。

IMG_5233.jpg

地下鉄から地上に出るとすぐ目の前に。
実際に見ると本当に素晴らしい建造物です。

IMG_5240.jpg

IMG_5242.jpg

生誕のファサード入口。
まだ建造中とはいえ、ガウディが生きていた時代にほぼ完成していた
このファサード、古びてきているように感じます。

IMG_5252.jpg

しかし内部はすごくキレイ。
光がふんだんに入るよう設計されているとかで、開放感のある空間に感じます。

IMG_5260.jpg

正面から祭壇を見るとこんな感じ。
高さがあると言えば、ヨーロッパの大きな教会はみな高いわけですが
使われている柱の形や繋ぎかた?とかいろいろな要素が絡み合って
また違った印象を受けます。

IMG_5264.jpg

IMG_5268.jpg

ステンドグラスは右側と左側で使用されている色が違います。
たしか寒色は東、暖色は西だった…かなあ(うろ覚え)

IMG_5277.jpg

柱についている、赤・緑・青・黄のメダルのようなモチーフが
すごく気に入ったのですが(非常に見づらい画像)
これについてあとで調べようと思いつつ忘れている←


音声ガイド付きのチケットをオンライン予約したんですが
これは必須!笑 と思いました。
内部や外を見て回るだけでも充分価値がありますが
説明があるとさらに引き込まれる感じがしました。笑

スポンサーサイト
関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

タグ : スペイン バルセロナ サグラダファミリア

[ 2017/02/24 16:46 ] 旅行 行きました | TB(0) | CM(0)

Barcelona旅行記① グエル公園


バルセロナへお昼過ぎに到着。
ハンブルグからは飛行機で二時間ちょっとでした。

エル・プラット空港でベルリンから来た友達と合流し
ホテルにチェックインした後、グエル公園へ向かいました。

IMG_5145.jpg

ホテル近くのスペイン広場

IMG_5146.jpg

向こうに見えるはモンジュイックの丘にある博物館

IMG_5153.jpg

地下鉄を乗り継いでグエル公園に向かう途中は坂道。
海が見えます。晴れていてとてもいい眺めでした!

15時半ごろ着いたのですが、チケットを買うために並んでいたら
入場は17時になります、と言われました。
モニュメントゾーンは入場人数制限があるので、
時間がないひとはオンライン予約がいいかと思います。

IMG_5201.jpg

公園内テラスからの眺め。
高級住宅地予定だった場所なので、ロケーションは最高です!

IMG_5211.jpg

上部テラスにある破砕タイルのベンチ

IMG_5206.jpg

列柱ホールにあるモザイクタイル

IMG_5208.jpg

なんだか写真スポットな柱廊。

IMG_5217.jpg

入口正面にある 門番の家 からモニュメント階段を見下ろす

IMG_5198.jpg

かの有名なシンボルの前にて記念撮影~^^


ガウディ特有の曲線・色彩を間近で見れて、楽しかったです!
グエル公園はモニュメントゾーン以外は無料で散策できます。
わたしたちも入場まで時間があったので、公園全体を歩いてみて回りました。

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

タグ : スペイン バルセロナ グエル公園

[ 2017/02/19 11:47 ] 旅行 行きました | TB(0) | CM(0)

Barcelona旅行記外伝 ライアンエアーに乗る


2月になって冬休みがはじまったので
こっそり計画していた スペインはバルセロナ へ行ってきましたよ。

今回もまた妥当な三泊四日。
女友達とふたり旅を満喫してまいりました!

まずはじめに、今回乗った格安航空会社(LCC)ライアンエアについて書いておきます。

結果的には満足、しかし乗るまでの労力がちょっと…という感じでした。
LCCに乗るのは久々だったのでいろいろ調べてみましたが
ネット情報に踊らされ、直前まで不安が残ってしまう始末でした。汗

・オンラインチェックインは搭乗4日前からのみ(座席予約なしの場合)
 わざわざ座席指定にお金払いたくないので、別に問題ないと言えばそうですが
 「事前にチケットを印刷しなければいけない」という決まりですので
 帰りの便も事前にチェックイン。もしこれが一週間の旅行だったら
 出先でプリントアウトしなきゃいけないのか…と思った次第です。

・出発二時間前にはチェックインカウンターへ
 EU市民でない場合、「ヴィザチェックスタンプ」というのを押してもらいます。
 預入荷物がない場合でもこれをもらうためにカウンターへ並ぶことが必須。
 国際線でもないのに早めに行かなければいけないなんてねえ。

こんなもんかと言われればそうなんですが!
なんだかネットでは鬼畜LCCだのスリルがあるだの書いてあり…w
ビビリなわたしは空港に着くまで緊張感MAXでした!w

IMG_5115.jpg

もろもろを無事済ませ…ようやく乗り込み
機体までは 徒歩 で向かいますw

IMG_5117.jpg

チケットに書いてあったので、後ろから乗り込みました
専用機に乗る要人みたいな気持ちに一瞬だけなりましたw

IMG_5123.jpg

前面ディスプレイがなく、緊急時の注意書きがここに
ふと前を見るといつも注意書きが目に入る…www

IMG_5126.jpg

15分遅れで出発、でもたぶんきっと想定内w
飛んでしばらくして ブロッケン現象 を見ることができましたー!嬉

IMG_5131.jpg

朝早く出たので眠くて、機内でしばらく寝てたんですが
ふと起きたらピレネー山脈(だと思ったんですけどそうですよね?)の上空。

IMG_5135.jpg

そしたら10分ほどであっという間に海岸線が見えました!
こりゃーもうイベリア半島!

IMG_5138.jpg

いい感じにぐるりと旋回して無事到着。
オンタイムだったので、かの有名なファンファーレが鳴りましたwww


次回からはバルセロナ旅行記になります。
よろしくおねがいします。

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

タグ : ライアンエアー ハンブルグ国際空港 バルセロナ

[ 2017/02/17 19:44 ] 旅行 行きました | TB(0) | CM(0)

ZONTA Club チャリティーコンサート


1月28日(土)
近隣の街で行われた ZONTA Club でのチャリティーコンサートに
参加してきました。

今回は生徒のピアノ伴奏者(笑)として公の場で演奏してきました。

Zonta Neujahrskonzert 2017-5

ZONTA Club とは女性のみのインターナショナルな会員制クラブです。
政治・経済・法律・仕事・健康など多彩な分野で働く女性たちのための団体、
というものだそうで、本部はアメリカ。

普段は接する機会のないものですが、今回は音楽学校の女子生徒たちによる
チャリティーコンサート兼新年会という催しでした。

ピアノはまあ中級アマチュアレベル…笑 だと自分では思います。
でもしっかり練習しました!笑笑
そしてメインは生徒、だとわかっていてもやっぱり緊張しました。

演奏はみんな選りすぐりの生徒だっただけあって
しっかりいつも通り演奏できていたのが嬉しかったです。

Zonta Neujahrskonzert 2017-22

写真見ると、ドイツ人はみんな堂々としてていいなあと思いますw
そしてみなデカイwww

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2017/02/04 21:26 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)

室内楽コンサート in Rostock, Universitaetskirche


1月21日(土)
ロストック総合大学で室内楽コンサートがあり、
ソリスト…笑 としてジャン・フランセの「陽気なパリ Le gay Paris」を演奏してきました。

2015年10月にやる予定だったこの曲
先方の都合でこのときは無くなってしまったのですが
今回は室内楽プログラムなので是非もう一度考えてほしい、
との申し出があったので、演奏させてもらうことにしました。

たまに書いているのですが
コンスタントな練習時間を確保するということがけっこう難しくなってきたので
耐久力や精神力について不安になってしまうんです。
でも、断ったらラクだな…と逃げを考えるよりも
やるだけやってみようと思うことによって自然に練習時間を取ることができ、
結果としては引き受けてよかった…と思えました。


1月に入ってすぐ心を決め、何をおいても練習を最優先させた三週間でした。
(12月にオファーをもらったけれど、12月は予定がありすぎて限りなく放置)


本番までの三週間は、意外に長く感じました。
曲はもう頭に入っていたので心配することはなかったのですが
やはり10分弱休みのない曲を吹き通す耐久力に、直前まで不安が残りました。

東西問わず、30代でちょっとしたソロをやるのに抵抗ない奏者がほとんどかと思いますが
私の場合、緊張による無意識に力の入った演奏をすることにより、
顎関節症またはそれに付随する身体や筋肉のバランスが崩れやすくなることの再発を
恐れているところがあるので、お金をもらう本番はちょっと大変なところがあります。
(言い訳な気もするし、そうでもない気もする)

そういった内なる不安を払拭するのは練習あるのみだと思いますし
間違った練習をしないように、ということには自分なりの注意を払いました。
(これは結局自分自身の不調に繋がるので…)


10日前に初合わせ、1日前にGP、本番当日という流れで
自分の足りていないところに新たに気づくことができました。

音楽に対する積極性と自分を信じること

こんな単純なことをいつも忘れてしまうのです 笑


09625730b9.jpg

演奏直後、カメラマンに満面の笑みを提供してみましたw


そういえば、久しぶりにC管と付き合った三週間でした←
ほぼ毎日C管だったのはおもしろかったです。
やっぱりBACHの音色は好きだ!と感じました。

気にしていた音程、これに関しては今まで散々頭を悩ませてきたはずなのに
今回はほぼ気にならなくなったのが大きな収穫…!
たぶんほかの事に気を取られていたからかな?


いい経験になった三週間でした。
30代、まだまだ精進あるのみ、ですね←

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2017/01/27 11:24 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)