非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

ドイツに来るまでの道のり。


昔話。
ちょっとしたこと。
でもまあ書き留めておきます。



2006年4月、2007年9月と二回、ドイツに遊びに来てました。
両方とも約一ヶ月滞在しておりました。笑
(バイト生活だったので・・・休みは取れたのですよ)
その間に何度かレッスンを受けることができ、ドイツという国を
知ることのできた大変充実した滞在でした。


その後2008年1月よりドイツはベルリンへ移住。
当時、英語ドイツ語は皆無、入試後に語学学校へ通い始めました。
ベルリンでの一年間は超充実、濃い毎日、旅行もたくさんした。
このときに出会った友達はほとんどがワーホリ、あと美術系。
音楽留学している知り合いはほぼ皆無。
それでもトランペットの諸先輩がたには非常にお世話になりました。


いろいろ試行錯誤した結果、ロストック音大で教えている先生と出会う。
彼は本当に親切で、受験に落ちまくっていてやさぐれていたわたしは
超癒されました。笑 彼のおかげでドイツの音大に入れた・・・ようなものです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここまででわかることは
いろんな人間の世話になっていることで、いまの自分がある
ということです。


バイト生活の後音楽留学したいなんて・・・
当時、母親は超!文句を言いながらも後押しをしてくれた重要人物で
三十路を超えてからも頭が上がりません。ほんまに。


あと、声を大にして言いたいことなんですけど
やりたいと思うことはあきらめるな
ということです。


わたしは元来けっこう真面目で(!!)四年も専門学校にも通ったものだから
その上ドイツに音楽留学したい、なんてなかなか言えませんでした。
そもそも留学費はどうするの、という話なので。
バイトで貯めたお金で二度のドイツ旅行をしてしまったわけだけど
それによって留学モチベーションがぐんぐん高まったわけで。笑
なけなしの貯めたバイト代でとりあえずドイツ行っちゃうから!
と、このあたりではもう完全ハイ。笑
お金なくなったら帰国するから、とりあえず許可ください。てな感じでした。
最終的に移住までの準備期間は三ヶ月切ってた。←
その間にバイト、あと願書提出など毎日死ぬかと思うほどキツかったけど
ドイツに住める、と思うとすごいがんばれた記憶があります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨今はわたしがドイツに来た8年前とは違うのかもしれないけど
やっぱり親の理解と金銭問題は不可欠であると思います。


わたしはたぶん運が良かった。
それと自分の根拠のない自信(えw)があった。
馬鹿っぽいかもしれないけれどやっぱりそれも必要。

スポンサーサイト
関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

タグ : ドイツ留学 音楽留学 トランペット

ドイツ管のピッコロトランペット。


夏日のような気候の続く北ドイツよりこんにちは。

この間、また楽器を買ってしまいました!
兼ねてより所望していた ドイツ管ピッコロトランペット!
どこで使うんだ、って思うんですけど、格安だったので衝動買いwww
ちなみにノーネーム。
見た目はほぼ Scherzer なんですけどね~。

pikkolo.jpg

かわいい!超かわいい!笑

音程はまあまあです。許容範囲内。
吹奏感もまあまあです。しかし高音が鳴りにくい。

ドイツ管のピッコロTPの特徴は、四番ロータリを小指で押すところですかね。
あと、トランペットシャンクなので比較的音がしっかりしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

持ち帰って手入れをしていたら、ハンダが外れました・・・苦笑

IMG_3401_R.jpg

ロータリ周辺をいじってたら、いきなりガコッと逝きました。

IMG_3402_R.jpg

店内にほぼ飾り状態で置いてあったからか、試奏して振動に負けたとか?
理由は定かではありませんが、とにかく外れてしまったので吹けません!笑
店に言おうかな~と考えましたが、今度ロストックの楽器屋へ持っていきます。

急ぎで使用する楽器ではないので、使える日が来るのを待ってます。

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

タグ : トランペット

[ 2016/05/13 12:48 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)

H.L.Clarke -Technical studies for the cornet-

どうもハロルドです。

最近、妙にやる気が出てきて時間があるときにちょいちょい練習しています。
(当然と言われればそれまでなんですが。。。笑)

そして2・3年くらい前から Bo Nilsson 先生に言われていた「クソ練習」なんですが
ようやく前向きに取り組む気持ちになれました。
(今さら?と言われればそうですね。。。笑)

トランペット吹きのためのクソ練習」(そんな名称はない)には
いくつか種類や教本があるもので
有名なものだとアーバン、クラーク、コリンあたり。

その中でも久しぶりにクラーク教則本を取り出しています。
IMG_0857.jpg
もっと古いものだと表紙が赤いんですよね!あれ?違った?

一般的には Second Study をやるもんですが、もちろんすべてのページ、
1から10までありますが、すべておススメです!
(10はまあやってもやらなくても…と個人的には思うのですが)

Third Study を(めんどくさがりのわりには)やっていまして
いまのところ中音域を中心に取り組み中。
かなりゆっくり、音のブレがあるかないかを聴くように。

ゆっくりのスラーって意外に難しいものです。
音のガタツキが目立ちますので、あくまでもまっすぐ吹きましょう。

クラークって指の練習のイメージがありますが
息の流れを確認すること と 唇のしなやかさを保つこと
という、指以外にも有益な練習本だと思います^^

これをやったあとに「ベニスの謝肉祭」など練習してみると
驚くほどさらりと吹ける!ような感じになります。

クソ練習は、集中すればするほど時間があっという間に過ぎていきます。

せっかくやる気が出てきた秋なので、意欲的にクソ練習をやっていこうと思います。笑

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

タグ : トランペット

[ 2014/09/21 15:17 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)

トランペットマスタークラス@ロストック音楽演劇大学

こんにちは、ハロルドです。

6月27日~29日、ロストック音大にてトランペットマスタークラスが行われました。
今回も、師匠である ライナー・アウアーバッハ氏 の尽力により実現しました。

指導講師は Bo Nilsson 氏と Edward Tarr 氏で
このお二方はもうお馴染みとなっております◎

受講者は10人くらいで、各自好きな講師にレッスンの時間を設けてもらいました。

わたしはもうモダンラッパはいいかな。。。などと思いはじめたのもあり(爆)
バロックトランペットの集中受講にしました。

初日は個人レッスンを約40分。彼の教則本を使用。
バロックトランペットの難しいところは、何といっても
「自分で音程を聞きとって正しい音程を探り当てる」
というところでしょうか。
わたしは絶対音感があるのでだいたい上手くいくのですが
受講者によっては、なかなかココだ!という感覚が掴みにくいようです。

個人的ネックなのは、高音域。
みなさん高音域はがんがん出るようですが、
わたしはマウスピースの形状の違いも手伝って
逆に高音のほうが大変だなぁ…と思ってしまいますw

タール氏には今回名前も覚えてもらい
(実は2012年に一度個人レッスンを受講したことがあったので)
レッスンでも褒められまして(^o^)v 大変満足した二日間でした。笑

2014 Herr Tarr 1

新しい知識を取り入れることによって、トランペットに対して慢性的だった考え方にも
ちょっとは変化が起きるような気がします(ってそんな単純じゃない!?)

2014 Herr Tarr 2

アンサンブルもみんなでやりました。4人~6人。
それぞれ音に試行錯誤しつつ、それでもいい感じで吹けるものですね。
楽しかったです。

関連記事

タグ : ロストック トランペット

[ 2014/07/06 14:54 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)

マウスピースのこと(ピッコロ編・2)

こんにちは、ハロルドです。

追われるものがなくなり、余裕を持って練習できるようになって
早二ヶ月が過ぎました。

そんなとき、ふとよぎるのが
マウスピース、変えたいなー・・・
という思い。笑

最近物欲が高まりなんだか欲しいものができてしまって。
・新しいピストンB管
・ピッコロトランペットのA管シャフト

という、すぐには買えないだろうモノたちです。

しかし、手軽に買えるのはマウスピース。

ホントは Breslmair を試すつもりでしたが
ふと思い立って Schilke を頼んでみました。

DSC_0067.jpg

今回は Thomann というサイトで注文しました。
ここは基本的に先払いで、何本も試すということができないのが難点ですが
最近は心を決め、送られてきたものでまあいいや、みたいになってきました。
よっぽど不備がなければそのまま使用。

DSC_0068.jpg

迷いましたが、王道の 11AX を購入。
14A4X というのもメジャーだそうですが、カップが大きすぎる気がしたので保留。

さっそく吹いてみましたが、かなり高印象です。
いままで一度も試したことがなかったのはなぜだろう・・・?苦笑

わたしのピッコロマウスピース遍歴
(以前に書いた記事ですが、所持しているのは Bach と Tilz だけ)

試そうとも思わなかったのか、勧められなかったからかわかりませんが
ピッコロのマウスピースは、ほぼ独断で決めていたように思います。
それでもいままでなんとか吹けていたから良かったですが、
やっぱり評判や一般的な見解を示唆にするのも悪くないですね。←エラそう

DSC_0070.jpg

吹き心地も良いし、音色もいかにもピッコロらしくキラキラ☆です。
柔らかいダークな音色を好むわたしにはすごく新鮮。
息がずいぶんすんなり入っていくな、という印象。
上から下まで2オクターヴ、気持ち良い吹奏感で音程のぶら下がりもほとんどありません。

ティルツと唇の感触はほぼ変わらず。
違いはやはり X ボアなんでしょうか(要考察)。

いやはやずいぶんべた褒めですが(苦笑)
時間のあるうちにマメに練習して、早く実践で吹いてみたいなと思いました。

関連記事

タグ : トランペット ピッコロトランペット マウスピース

[ 2014/05/30 14:40 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)