非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘビーウェイト。【追記アリ】

ハロルドです。

前回の終わりに重りのことを書いたので
今回はちょっと画像をうpしてみました。

前回と同じ画像、でもこちらは加工無し。
DSC_0575.jpg

日本語だと「ヘビーウェイト」とか言いますね。
これを注文するときに、ドイツ語で何て言うのかわからなくて
テキトーに造語っぽい感じで伝えてしまいました。
Ventildeckel(ロータリーのふた)だったかなぁ…
相手には伝わったので、とりあえずオッケーだったのでしょう。笑

横から見ると一目瞭然ですね。
DSC_0576.jpg

なんでこれを入手したかというと
ただ欲しかっただけ…というのは半分冗談みたいなものですが
わたしの Lechner が軽い楽器のため、物足りなさを感じたからであります。

厚みがあって喜ばしいです。
DSC_0577.jpg

楽器に抵抗感はある程度必要なものだと思います。
あとは、自分の吹奏感とホールなどでの遠達性。

あいかわらず美しいフォルムの Lechner 様。
DSC_0578.jpg


小物はプラシーボ効果、とわたしは思うところがあるので
あってもなくてもどっちでもいいんだと思います。
私自身はそのプラシーボ効果に助けられているところもあるので(苦笑)
興味を持った小物は試してみたいと思うし、これからも実験できることはしてみたい。

ちなみに
BachのB管には三番管にウェイト(他人からもらった?)
BachのC管には三番管にリング(Denis Wick製)
Schilkeのピッコロには一番管にゴム(ウェイトないから)
という組み合わせにしています。

ピッコロにもウェイトあったほうがいいのかな?
ここまでまだ到達してないからこれから要研究。

【追記】
DSC_0668-1.jpg

Thein オリジナルのヘビーウェイトです。
知り合いの所有しているものを貸してもらいました。

スポンサーサイト
関連記事

タグ : トランペット ロータリートランペット

[ 2013/11/30 23:41 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。