非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

別の病院に行ってみた。

ハロルドです。

月曜日、Physiotherapie という理学療法専門の病院に行ってきました。

理学療法ってひとくちに「この分野!」っていうわけではなく、
身体全体を良い方向にもっていくための総合的な療法、のようです。
日本では接骨院・整体・ヨガなどなど。

このタイプの病院は保険ですべてカバーできるわけではないようです。
わたしは六月末までの予約を取って、自己負担が約3000円。
高いか安いかはわかりませんが、一ヵ月半継続してみます。



診察室はリラクゼーション的な音楽がかかっていて、鏡張りの部屋。

服を脱いで下着姿になり、鏡に向かって直立。
それを見て先生(女医でした)が身体の歪みを見ていきます。

わたしは左側が歪んでいるらしく、不調が左半身に現れているようです。
背骨も模型と比べてみると、形がすこし曲がっているようで。
猫背をいいかげん直そう。。。(´・ω・`)

そのあとは診察台に横になり、自分でできる処置の仕方を教えてもらいます。

この日は30分で終了。

わたしの筋肉が凝り固まっているので、定期的にあごの周りをマッサージするように
言われました。
意識的に姿勢も正したほうがいいし、少しずつ身体で覚えていきましょう、ということでした。



レッスンに行くようなものだな、というのが率直な感想。

自分ですべてできれば先生なんていらないんだけど、自分の見えていない癖を
正しい方向に導いてくれるのは、やっぱり先生(というか他人)なんだろうか。

なんだかんだ思いつつ、これを機に生活習慣を正していこうと思いました◎

なかなかリラックスできる時間が取れないけど、ストレスを溜めないようにしようー。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
関連記事

タグ : 顎関節症

[ 2011/05/17 22:54 ] @ろすとっく | TB(0) | CM(2)

病院に行こうと決めてみる。

ハロルドです。

なんとなく違和感を感じ続けているわたしの顎関節。

そろそろ一ヶ月ほどが過ぎたんですが、違和感は治らないままなので
病院に行くことに決めました。

去年の夏にも同じような症状があったんですが、そのときは奥歯が痛んだので
虫歯だと思い込み、普通に(嫌がりつつ)歯医者に行きました。
しかし、その歯医者さんはわたしのアゴに問題があるとの診断を下し、
下歯につけるマウスピースを作ってくれました。
マッサージにも通うといい、と他の病院を勧めてくれたんですが、結局
そのまま行かずじまいでした。

今回は、アゴが痛いと感じたからちゃんとした専門医に行こう、と思い立ち
インターネットで調べたら、あっさりロストックの中心地に見つけました。

わたしは大きな病気をしたことがないので、病院や医者は苦手です。
ましてや、外国で医者に行くこともできれば避けたい事項のひとつ !ですが
生活に関わるコトですから、文句は言ってられないです 泣

ドイツの病院は、基本的に完全予約制です。
(日本もそうだったっけ?忘れちゃった・・・)
あわよくば、上手く説明してすぐ診療してくれないかな~、なんて思ってたんですが
融通の利かないドイツ、今日は初診の予定を決めただけで終わり。

しかも一週間後の月曜日、朝九時に行くことに・・・早いし (´・д・`)アリエナーイ

病院診察レポが書けるのは、来週以降に決定です。

人気ブログランキングへ
関連記事

タグ : トランペット 顎関節症

[ 2011/05/02 22:42 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(2)

トランペットレッスン。

ハロルドです。

今週から夏学期のはじまりです☆
ハロルドは5ゼメスターになりました。
学生でいられるのはあと二年半。
きっとあっという間なんだろうな。

月曜日にさっそくレッスンがあったので、顎関節の相談をしました。
春休み中にどんな練習をしたとかをざっと話し、その日は基礎練習だけ見てもらいました。
こういうときに必要だと思うのは、やっぱりベーシックなものだし
それによって自分が忘れていたことを気づけるいい機会になると思っています。

Max SchlossbergJeams Stamp をやりました。
日本にいるとき、この教則本をわたしはやっていませんでした。
でもいまではかなり重宝し、私自身のレヴェルの底上げになっている教本です。

前回の日記で書いたことを先生に伝えたんですが、先生の意見としては
マウスピースを変えない方向でなんとか続けられないか、ということでした。
ついこの間まで問題はなかったし、音色もいいのでわたしとしてもそうしたい
ところなんですが、そこはちょっとゆずれない。
変えたいと思ったら変えるのはアリだとハロルドは考えているからです。

JKのマウスピースに替えたのは、ちょうど一年前。
あのときはとってもよかった。こんなに息が入ると思わなかった。
そしてその間にいろいろ試行錯誤して、言われたことを消化するようにしてきた。
その結果、このままだと気になって顎関節がまた痛むかもしれない。
許容範囲が少しだけ変化してきた時期なのかもしれません。

先月アメリカ管用のマウスピースを買ったばかりだけど、これはまた別問題なので
来週あたりに新しいものを試してみたいと考えています。
先生には「要注意!!」と言われたんですけどもwww

吹けなくなるまで続けるのはバカかもしれないけれど
そうじゃなかったらドイツまで来てないよなぁ。
後悔するよりはやり切ってダメになるほうがよっぽどいいよなぁ。

なんて、漠然と考えている今日このごろです。

人気ブログランキングへ

関連記事

タグ : 顎関節症 マウスピース

[ 2011/04/05 14:39 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。