非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初トラ@Staatsoper Berlin im Schiller Theater

ハロルドです。

前々回の記事の最後になんやら願い事みたいなことを書いたら
仕事が来ました!笑

わたしの師匠である Rainer Auerbach 氏が週半ばに電話をかけてきて
Staatsoper Berlin でちょっと吹いてくれないか、との依頼でした。
もちろん二つ返事で快諾。先生ありがとう!

そんないきさつで、ベルリン国立歌劇場(!)のバンダやってきました。
2月24日・日曜日、演目はアイーダ。が、有名なほうではなくて舞台裏バンダ。

譜面はメールで送られてきて、印刷してばっちり練習。
第二幕のエンディングの部分で、小編成の吹奏楽みたいなものでした。
要するに、譜面自体はまったく難しくはないのです。
でもやっぱりファンファーレはありますし、足を引っ張らないようにしようと心がけました。

当日はみんなより早めに控え室に到着。
そして30分くらい同じバンダのトランペットのひとにレッスンしてもらいました。
そのあと団員がぞくぞく集まってきて、カンティーネで軽食を取り、
知り合いに挨拶などをしていたらあっという間に開演前に。

バンダ隊は開演後に合わせをするということで、練習ホールに集合。
合わせのあとは館内放送がかかるまで待機。
放送後はみんなでぞろぞろと舞台裏へ移動。
そこでもちょっと待ち、バンダ隊演奏。
長い休み(Tacet)のときは隙間から舞台を見てました。笑
そのあとまたラストに向けて演奏。
休憩が入りひと息つきました。
第三幕も少しばかりトランペット・トロンボーンそして男声合唱と舞台真下で演奏。

という流れでした。

トップを吹いていたのはコンチェルトハウスオーケストラの一番奏者でした。
合わせのときから彼の音圧がすごすぎて「うぎゃーさすが現役奏者!」と思いましたが
とりあえず物怖じすることなくばーんと吹いてきました。
っていうか、そうするほかないです。
音程は問題なかったと思いますが、どっかでこっそり低評価されていたらイヤだなぁ…
といまさら無駄な心配をしているところです←
エキストラとはどこでもそういうものなんでしょうが。

兎にも角にもあっという間にすべては終わり
次の日にはベルリンの友達とラーメンを食べて、ロストックに帰ってきました。

またやりたいなと思うけれどなんだか気後れしちゃったかも。
いやいや、やっぱり場数ですよね。
こういう機会をどんどん増やしていけるといいなと思います。

スポンサーサイト
関連記事

タグ : StaatsoperBerlin

[ 2013/02/25 23:35 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。