非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

ドイツ語試験 Telc A2/B1 筆記編


先週の金曜日、念願?のドイツ語試験を受けてきました。

Deutsch-Test fur Zuwanderer A2/B1
移民用の試験なのでZDのB1よりも簡単になっています

時間割は
9:00-9:30  準備・説明
9:30-10:00  聞き取り
10:00-10:45 筆記
10:45-11:15 記述

当日は9時10分前集合だったんだけど、電車が動かなくて遅れて
来た受験者がいたので、始まりもちょうど30分ほどずれました。

ここで試験の内容を書いてもしょうがないので割愛します。
以下、感想など…w


【ヒアリング】
聞き取りってだけでムダに緊張しますよねw
わたしの席は教室のいちばん後ろだったので、プレテストのときから
その点だけは不利かな~なんて考えなくもなかったけど。
普段からドイツ人と接していても、ヒアリング試験って別物なんです。
一方的に会話が始まって(もちろんその前に解説が入るけども!)
それをぼんやり暗記したまま設問に答える、などというのは
日本ではあまり経験したことがないぞ?笑 
的な何か思うところが云々。


※聞き取りと筆記の間に休憩はありません
 聞き取り試験終了、とアナウンスがあるのみで各自勝手に続行


【筆記】
はっきり言って45分って、短いですw
じっくり間違えないように問題を読んでいると確実にしわ寄せが。
ざっと理解してさっくり答えるのが得策。
内容にも拠りますが、さっくりあっさり読み解いていって
余った時間で見直しを…ってコレ超標準!?笑


※筆記と記述の間に休憩はあ(ry


【記述】
コレは何かと言いますと。
AとBというふた通りのシチュエーションがあり、
その内容に沿った手紙を書く、という内容です(白目)

-あなたは椅子を注文しましたが、気に入らなかったので
 返品することにしました。
 会社宛に返品を希望する旨のメールを書いてくださいー

今回こんなんだったんですが、理由ってなんでもいいんです。
超創作して文章を書けってことです。
わたしは
「椅子の脚が壊れていておまけに色も違っていたので
返品交換したい。希望する商品はもう注文した。来週末に
知り合いが来る予定なので、それまでに新しく注文した品を
送って欲しい」
などとなんだかよくわからないメールを書いてしまいましたwww


試験時間は予定通り終了…
試験官が答案を回収し始めたのにもかかわらず、
何名かは「ちょ、ちょちょっと待って!あとちょっとで書き終わるから!」
などと言って、試験官をほんっとおおおおおおに困らせていたのが印象的でしたw

終了してすぐに立ち上がっちゃう移民・難民たち。
試験官がまだ立ち上がってはいけませんと言っているのにwww
そして終わったばかりの試験内容について話し合う人たちwww
いま答え合わせしたって、もうおわっちゃったじゃーん!

まあでも心配だよね、一年しかドイツ語勉強してないわけだし。
わたしなんかもう8年もドイツ語やってるからね。。。

筆記試験はこんな様子で終了しました。
とりあえず9割は出来てると思ってるのですが、通知が来るまでは
期待せず、ただ合格してるのを祈るのみ。
スポンサーサイト
関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

タグ : ドイツ語 TelcA2B1

[ 2017/05/25 17:12 ] ドイツ あれこれ | TB(0) | CM(0)