非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プラハの春国際音楽コンクール。



先日行われた プラハの春国際コンクール のライブ録音などを
聞いてしまって久しぶりに刺激+衝撃を受けたので
それについて思ったことを書いてみることにしました。

国際コンクールを一度も受けないまま、わたしの20代は終了してしまいましたが
それでも興味はいつでもあるものです。
どんな若手が出現するのか、どんな音楽性なのか、どれだけの技術があるか。

30代になったいまだから、多角的に他人の演奏を聞けるようになってきたけれど
20代のときはとにかく同世代に対して自意識が非常に強く、かといって
自分が評価されるほどの演奏もできていなかったし、ましてや練習量も
誇れるほどではなく。単純に自分のためだけにやっていました。
ああ、恥ずかしく愚かだった20代のワタシ…苦笑


今回のプラハの春、ファイナリストに日本人女性が残ったので興味津々。

ここからファイナルの動画が見れます → プラハの春 ファイナリスト 
公式サイトでも見れました → 公式サイトよりトランペット部門

この方は国内コンクールでも名の知れた存在ですし
二次でも安定した演奏だったと思います(テレマンが特に良かった)。
ただ、ファイナルでの二曲コンチェルトというのはほんとーーーーーーーに
集中力の必要なプログラムで、フンメル in E はともかく、Josef Matej は難しい。
でも終始笑顔で演奏を披露できるというのは、なかなか出来ることではないので
個人的に高評価です!

女性でこのような大舞台で演奏をできることが本当にうらやましい。
(こういうのを聴いてしまうといつも自分の未熟さを残念に思う)

他の三名はヨーロッパ人だったんですけど、それぞれオケに所属していたり
ベルリンフィルのアカデミー生だったりで、若いのに素晴らしいキャリア…。
なのでコンチェルトはみな音圧もしっかりあり、優れた音楽性を感じました。
特に良かったのは一位を取った Huw Morgan 氏。音色が良かったです。


ドイツに長くいて感じることは、音楽性無しに音楽はできない、というコト。
若くて技術的に未熟でも、表現したいという意欲があるひとが音大にいるのです。
多くの日本の音大ではそういう教育が重要視されていない、と思います。
音楽性を高めるにはどうすればいいのか、という疑問を持ったこともありますが
やはり自分の内面から沸き起こってくるものだと考えているので
素晴らしい音楽性を持っているひとは人間性も素晴らしいと思うのです。

ライブではないけれど、こうやって簡単にインターネットで聞けるものだから
時間があるときにはまたコンクールの演奏などを聴こうと思います。


それにしても、コンクールのために楽器四本(B管,C管,E/Es管,Piccolo)
も持っていかなきゃいけないなんて!
日本から参加したみなさま、大変おつかれさまでした…。

スポンサーサイト

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2016/05/17 18:09 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(0)

大晦日のコンサート。



早いもので1月ももう半ばです。
ドイツをはじめヨーロッパっていうのは、切り替えが早くていいですね。
1月4日から仕事始めだったのですが、超・普通の日でした。
あけましておめでとう、的なことは言うけれど(Frohes neues Jahr! とか)
それを言ったらあとは普段どおり。
3月の終わりにはイースターがあるので、そのときはまた盛り上がるわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月31日(木)
大晦日、ハンブルグは聖ミヒェル教会でのトランペットとオルガンのコンサートを
聴きに行く予定にしていたのですが、だらだらしていたらチケットが完売・・・。
そりゃそうだ、ハンブルグでも大教会の部類に入る聖ミヒェル、
トランペットはマティアス・ヘフスとそのお弟子たち、
そしてオルガニストは日本人の福本茉莉さん
そんなステキな組み合わせが完売にならないはずはなく。

でも何か聴きに行きたいなあと思い、近場のリューベックで探したら
これまた中心地にあるマリエン教会で、金管五重奏とオルガンのコンサート。
Marien Brass という、NDR (北ドイツ放送響)の金管楽器奏者たちによって
2015年に結成された団体で、ここマリエン教会での演奏会を主にするそうです。
(上記リンクはドイツ語のみですが、下方にメンバーの氏名と写真があります)

IMG_3189_R.jpg
(画像が横向きになったまま直せず。すいません)

ロゴマークがトランペットと教会をあわせたものになっていてかわいい。

マリエン教会、初めて入ったのですがすごく大きいし広かった。
オルガンもけっこう高い位置に設置してありまして(まあ普通そうなんですが)
でも残響は三秒くらい、気になりませんでした。

教会にありがちなんですが、金管楽器の音が非常に残る点が気になり。
はじめは後方で演奏していたのですが、前方に移動してからも特有の
「わ~~~ん・・・」という残響のせいでせっかくエワルドの一番演奏してたのに
気になりすぎて集中できなかった・・・orz
選曲はどれも良かったので、このメンバーだったら室内楽ホールで聴きたい!
と思いました。

日本でも最近有名になってきたヤマハプレイヤーである、Jeroen Berwaerts 氏は
さすがの演奏っぷりでした。余裕ありまくり。
ワタクシ、ミーハーなので写真撮りたかったんですけどね・・・できませんでした。

コンサート後、帰りの電車が一本減っていて(大晦日だったから)
リューベックの川辺をうろうろしながら最後のグリューワインを飲みました。
フライングの花火をばんばん見ながら帰宅したのは年明け前23時。
自宅で鴨南そばを食べ、年明けにしっかり花火打ち上げましたwww

良い年末の締めくくりでした。

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2016/01/20 10:58 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(0)

Skandinavische Nachtmusik 10. August 2012

ハロルドです。

もう二週間前のことですが、別の教会コンサートに行ってきました。

Skandinavische Nachtmusik(スカンジナヴィアの夕べ)と題されるこのコンサート、
ロストック音大のトランペットの先生であり、北ドイツフィルハーモニーの首席奏者を務める
Christian Packmohr によるトランペットとオルガンのコンサートでした。

彼はわたしの室内楽の先生で、まぁ、すごくいいひとです。笑
敬虔なクリスチャンで、彼の住んでいる Warnemünde の中心にある教会の Kantor(教会音楽家)
である Christiane Werbs と定期的に教会コンサートをしています。

彼にはトランペット音楽学も習いました。彼はものすごい楽譜収集家で、
授業の時には毎回たくさんのトランペットの譜面と音源を持ってきて聞かせてくれました。
けっこう彼と曲の趣味が合ったので、あの授業は唯一楽しかった。笑

最近わたしが異常に気にかけている、トランペットとオルガン。
わたしのドイツでやってみたいことを、彼は実力もコネもあり(?)実行している、
それがやっぱりうらやましいし勉強になるなぁ、と思ってます。

Nachtmusik と題しているだけあって、開演時間はちょっと遅く、21時半。
休憩はありませんでした。

今回のプログラムは、彼が出しているCDからの抜粋、という感じでした(CDも同じ題名)。
題名どおり、すべて北欧の作曲家によって書かれたものだけで構成されています。

教会内での演出も良かったです。
照明はつけずに、曲のイメージに合わせた情景を前方のスクリーンに映していました。

彼の演奏スタイルはちょっと個性的で、いかにも東ドイツって感じの演奏。
オケ奏者だからか、音の芯はしっかりあって安定感があります。

ただ、今回「あの曲やるから~」なんて事前に言われてた曲があって、
その曲はわたしも好きで、やってみたいなーと思っていた曲なんですが、
まぁ聞いてみて、ラッパ吹きとしてちょっと怖かった。笑 
失敗できない曲、聴衆を退屈させてしまう曲、そんな感じがしてしまった。汗

K.Hvoslef:Tromba Solo という曲なんですが、アントンセンも録音しているので
興味があったらこれまたぜひ聞いてみてください。

オルガンも現代曲ってすごく難易度が高いわけですが、彼女もよく弾きますね。
選曲もよくていいオルガン奏者だと思います。ちょっと変わったひとですが。。。

トランペットとオルガンについては別個でまた書くこともあるだろう、ということで
追記でプログラムを書いておきます。

DCIM0202.jpg

Read More

[ 2012/08/29 10:31 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(0)

Kirchenkonzert von Ludwig Güttler 03. August 2012

ハロルドです。

日本から帰ってきてすぐ、地元ロストックで演奏会を聴きに行ってきました。

Ludwig Güttler(ルートヴィッヒ・ギュットラー)という、
東ドイツ時代からのトランペットの名手です。
2007年には「大英帝国勲章」を授与されています。すご。

わたしトランペット吹いてます~、なんて話すと
「ギュトラーを知ってるか!?」
なんて一般人からも聞かれてしまうくらい、有名なトランペット奏者。

CDもたくさん出していて、でもどっちかというと食わず嫌いでした。笑
ていうのは、有名すぎてそもそも意欲的に聴く気にならなかった。
でも一見はなんたら、って言うじゃないですか。←
ロストックに来たのも珍しいし久しぶりみたいだから、ちょっと聴きに行くか、
という身軽な感じで聴きに行ってきました。

チケットははっきり言って高い。←
一般券が€36、わたし学生券で€17って。。。


彼はほとんど(いつも)教会で演奏しています。
トランペットとオルガン、というのはわたしの卒論・卒試のテーマなので
興味深く、選曲もなかなか玄人好み寄りでよかった。

彼の音は太い。ラッパ鳴らしてる、って感じがものすごい。
教会だからそれなりに柔らかくはなるけど、音の芯がはっきりしていて
逆にそれがキツさを感じさせない。
すごく堂々と吹き、朗々と鳴らしている。

わたしの思う「キレイな音」と対極のような感じもするけれど
彼のほうが芯もあって、それでいてやっぱりキレイに聞こえる。

勉強になった!こういう風に演奏してみたい、って思えました◎

いつまで経ってもミーハーなわたしは、写真をお願いしましたよ。笑

DCIM0011.jpg
サイン会の時間もちゃんと設けていました。

DCIM0014.jpg
かなりイケメンでした(典型的なドイツ人顔ってコトです)。

年間110本もコンサートしているらしい。だいたいドイツ国内。
もう60歳すぎだろうに。。。すごすぎ。

日本でもCD買えるので、興味がある方はぜひ聴いてみてください☆

Read More

[ 2012/08/20 11:46 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(2)

ベルリンでコンサートを聴く。

ハロルドです。

今週は一泊二日でベルリンへ行ってきました~。
目的はコンサートとレッスン。
演目がステキで、年明けから目をつけていた Staatskapelle Berlin のコンサート。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J.Brahms: Klavierkonzert Nr.1 d-Moll op.15
A.Berg: Lulu-Suite
R.Strauss: Till Eulenspiegels lustige Streiche op.28

Daniel Barenboim, Dirigent
Rinnat Moriah, Sopran
Radu Lupu, Klavier
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハロルド的にはかなり「ぎゃふーーーん」って感じの演目。
特にピアニストのルプーが聴きたかったのでウキウキでしたああああ(*´ω`*)

R0020183.jpg

Philharmonie 久しぶりに来た。
席はなんと、前から三列目。

R0020182.jpg

ちょっとズームしてみた。
ピアニストと指揮者が超近かった!
でもバレンボイムは写真嫌いなので、今回は自粛~。

バレンボイムってのはホントにすごいです。
拍手が終わるなり、さっと手を上げていきなり振りはじめちゃう。
しかも席が近いからか、めちゃくちゃ呼吸が聞こえる。きっとトランペット吹けるよ、ってくらい。
彼の威圧感とオーラはすごかった。あれが一流なんだと思い知る。
あと、彼はほとんど暗譜で振ります。それもスバラシ!たまに振り間違えてたけど(オフレコ)。

ルプー、彼のブラームスの録音が好きなのでホントに楽しみでした。
彼もまたコンサートピアニストとしての歴が長いので、威圧感とともに楽なオーラもありつつ。
どっかりと椅子に座って、超ゆったりな感じ。ピアノの出番が来るときも気負わないで
なんだかさらりと弾いてしまう。タッチもめちゃ軽くて、でも音量出てるな~という。
ちゃんとオケ聴いてるんだよね。すばらしい演奏でした◎

ベルクは久しぶりに聞いたけど、この曲もステキだよなーと再確認。
現代音楽なのにちゃんと調和があるもんね。
トランペット上手かったなぁ。あのひとマジですごい。
「ルル」はまだ観たことないけど、いつか観にいこう。

シュトラウスは短い曲だし、アンコールのような全体的にリラックスした雰囲気でした。
いい。すごくいい。管楽器も安定してるし、聴いていて不安がない演奏はいいですね!

コンサートのあとは Rainer に会いにカンティーネへ。
ビールを2本もご馳走してもらっちゃいました 笑
ひととおりお話をして、友達とご飯して帰ったんですが、なぜか終電がなくなってて
(実は週末と間違えていた。ベルリンは週末は一日中電車が走っています)
めんどくさかったから友達とタクシーで帰った、っちゅーオチ。

[ 2012/03/10 11:36 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(0)

ARD Musikwettbewerb 2011, Trompete

ハロルドです。

ドイツでは八月末から ARD Musikwettbewerb 2011 という国際コンクールが行われています。
かの有名な、ミュンヘン国際音楽コンクール(トランペット予定表)。
こっちは各楽器の予定表(ドイツ語)。

今年はトランペット部門があるので、前から聴きに行くつもりだったんですが・・・
断念してしまいました(´・ω・`) うぅぅ残念。

日本人トランペット奏者がたぶん過去最多出場だと思います。五名。
それもあってすごく興味をもちまして。
わたしより若手の名手たちが国際コンクールでがんばってるなんて、ステキです(`・ω・´)
一次予選では五名中、ひとりの日本人が二次へと進みました。
彼は二次で終わってしまいましたが、それでも大健闘だったと思います。さーーし!

世界的に有名な国際コンクールだけあって、一次予選から(ていうか録音審査から)
相当な難曲が指定されています。
録音審査では H.Sutermeister:Gabotte de Concert
すでに吹けない・・・苦笑 譜面は買ったけど・・・苦笑

一次の時点でトマジやジョリヴェ、L.モーツァルトなどが課題曲!
二次はソロ現代曲と後期ロマン派のコンチェルトなど(ベームとかブラント)!
セミファイナルはハイドン・フンメル(しかも E-Dur)、それに加えて、このコンクールのために作曲された新曲!
ファイナルはどうしてか、ツィンマーマン!!!!笑 吹けるのか!!!!

ファイナルは9月10日です。ようつべにあがらないかしら(・ω・)

余談ですが、6日にオーボエ部門・ファイナルが終了。
ロストック音大オーボエ専攻の女の子(スペイン人)が三位入賞しました!おめでたい!!
彼女は若干21歳。。。ありえん。
身近にすごいひとっていくらでもいるもんですね 笑

人気ブログランキングへ
[ 2011/09/07 10:37 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(0)

しなふぁい。

ハロルドです。

Xenakis:Synaphai






自分のために動画貼っておきます 爆

自分のすきな音楽ってなんだったっけ?って考えてました。

そしたらやっぱり近現代。
オケもソロもなんでも近現代。

新しい可能性を追従することって、何においても楽しかったりする。

作曲するほうだって演奏するほうだって、きっとそんなときがあるでしょう。

わたしはハイドンをキライにはならないけれど
(だって、やっぱり古典はすばらしいもの)
好んで演奏しないな、これからも。

そんなこと言ってたらいつまでも吹けないんじゃないか、ばぁーか

なんてことは思いません(`・ω・´)
音楽はいつまでたってもつながっているんですから。
そしたらすきなことを追求して、楽しんで音を出せたらいいじゃない。
ということを思いついて、ちょっと楽しくなってきました。

クセナキス、はじめて聴いたけどいいわぁ。
ピアニストの大井浩明さん、指の回りかたがハンパない。
指揮者の井上道義さん、この動画若いなぁ、何年前だよ。w

人気ブログランキングへ
[ 2011/06/26 15:46 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(0)

"HANAMI" Kischblütenfest im IGA-Park Rostock

ハロルドです。

先週の日曜日、ロストック郊外にある日本庭園で演奏してきました。

当日の夜、テレビ放映されたそうです(ローカルですが・・・)。

後日NDRのサイトで見ましたが、二秒ほど演奏してる様子が映ってましたwww

二年前も同じところで演奏させてもらいましたが、今回は別のひとと組み、
いろいろアイディアを出しあい、なかなかよい出来だったと思います(* ´З`*)

風強すぎでしたけど!!!!(譜面台倒れたりで大変だった)

R0018528.jpg
さ、さくらなんですけど、近すぎて暗くなっちゃった...

R0018541.jpg

R0018542.jpg
天狗太鼓 という集団。ベルリンで活動しているそうです。

以下、写真です。【Read more】でどうぞ。

Read More

タグ : ロストック

[ 2011/05/15 10:42 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(0)

Liederabend 17. März 2011


ハロルドです。

ロストック音大日本人留学生による「うたの夕べ」を聴きに行ってきました。

内容はすべてドイツリート。
彼らの勉強していることがはっきりわかる演奏会でした。

うたの内容はわからないので、題名や曲想で想像して聴いていました。

うたの人たちに対してすごいと思うことのひとつ、表現すること。
それは単純なことで、明るい曲を無表情でうたうとかしないし(できない)
その逆も然りですね。
暗譜は絶対しているわけだし、必然的に見られるということを意識せざるを得ない。
楽器を持っていると、そのあたりが少し疎かになりがちだと思うこともあります。
譜面台を置くことによって目線が客席側に向かない、とか。

わたしにとって、音楽するという点以外にも得るもののあったコンサートでした。

余談ですが、アンコールは東日本大震災のこともあり、
「浜辺の歌」をうたってくれました。
日本語のうたが久々にこころに沁みました。

超簡素で雑な文章ですが、とにかく素晴らしかったです!
ステキな時間をありがとう!!

Liederabend
mit Misato Mochizuki (Sopran), Yuji Natsume (Bariton)
und Sefuri Sumi (Klavier)
Donnerstag, 17. März 2011, 20Uhr Kammermusiksaal


人気ブログランキングへ

タグ : ロストック

[ 2011/03/18 13:45 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(0)

Internationale Horntage 2011.


ハロルドです。

月曜日の夜は、ホルンコンサートを聴きに行ってきました◎
3月6日~12日まで Internationale Horntage 2011 という講習会が
ロストック音大で催されています。

この日は、ベルリンフィルのホルン奏者がレクチャーしながら演奏をするという
けっこう凝った?コンサートでした。
演奏者は Sarah WillisKlaus Wallendorf !
受講生も50名ほどいて、外部のお客さんもかなり来ていたので、ホールは立ち見込みの満員。

内容はデュエットをしながらそれにまつわるお話をいくつか、とかタンギングの練習の仕方、とか。
話し終わったと思ったらすぐホルン吹いたり、吹きながらお互い罵声飛ばしたりwもあったりで、
なかなかエンターテイメント性が高くておもしろかったです。
お二人ともとっても話上手でしたし、やはり音色やテクニックも申し分なし。

BPOの奏者はみんな怪物だと思っていたけど、すばらしい人間でした・・・

わたしは最近、演奏者の口元ばかり見る傾向にあるので(爆)今回もサラ・ウィリスの
口元ばかり集中して見てました。というのは、あの方はたしか下吹きですよね。
彼女を見ていてホルンって上も下もまんべんなくできるものなのかと、あらためて思いました。
わたしもそうなりたいものです。

休憩を挟まず75分、吹いて話して吹いて話して、の繰り返し。
ドイツ語と英語が混在していたので、ハロルド的にはちょっと参ってしまいましたが
(注・ハロルドは英語が出来ない)
聴衆を飽きさせない構成でステキな時間を過ごせました。

Heirwewa Horn Happening
Mit Sarah Willis und Klaus Wallendorf, zwei Stars
der Berliner Philharmoniker.
Montag, 7. März, 20Uhr, Kammermusiksaal


人気ブログランキングへ

タグ : ロストック

[ 2011/03/08 22:33 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。