非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

Japan Wind and Percussion Competition.


ハロルドです。

今回は久しぶりに音楽のことでも。


第27回管打楽器コンクールが終了したようです。
個人的には、一番身近なコンクールでした(出身学校のホールだからw)。
このコンクールが、高校生のときからわたしの目標のひとつであったことは確かです。
目標が大きいか小さいかは問題でなく。

今回は年齢制限が以前より上回り(35歳未満)、会場も各地の音大ホールを借りてやっていたようです。
(トランペット部門は武蔵野音大・江古田キャンパスでした)
日程もなぜか夏休みだし…。
(この意図がよくわかりません)
なので、わたしがずっと見てきた「管打コン」とはきっと変わってしまったのでしょうか。
まぁ、人は誰しも、環境が変わると違和感を覚えるのだとは思いますが。
(わたしだけかなー??)

わたしも留学しているとはいえ、いい歳なので(苦笑)できるだけコンクールは受けようと
意気込みはあったと思います。
だからといって、ヨーロッパのコンクールはやっぱりハイレベルで、日本と比べても
用意しなければいけない曲数が断然違う(´;ω;`)ブワッ
そんなわけで、コンクール自体がだんだん自分自身から遠のいたと思います。
今回も「帰れない」「時間がない」とかいうのは言い訳だと思うし。
やっぱり後悔でしたね。最後は。
スポンサーサイト

Read More

関連記事
[ 2010/08/28 23:43 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(2)

Landesjugendorchester.3



ハロルドです。

LJO四日目~六日目:Konzertkirche@Neubrandenburg

Internationales Neubrandenburger Jugendorchestertreffen

っちゅー(名称長っ)催しでした。

インターナショナル、ということで国際交流的な。

参加したユースオーケストラは三団体。
LJOとラトヴィアとノルウェー。
三日間にわたってコンサートをしました。

後ろが Konzertkirche
R0017061.jpg

練習風景(ブレてる)
R0017058.jpg

客席前面から見た舞台
R0017066.jpg


R0017070.jpg


R0017102.jpg

Neubrandenburg でのコンサートは三日間にわたって行われ、
お客さんもよく入ったし、まぁ盛況でした。

七月はこんなかんじで演奏が多くてたのしかったです。

八月も出かけたりロストックでのんびりしたりの月でした。
気が向いたらまた書きます(´Д`;)


banner_21.gif

003.gif
↑くりっくクリック☆

関連記事
[ 2010/08/16 20:27 ] @ろすとっく | TB(0) | CM(0)

Landesjugendorchester.2



ハロルドです。

LJO三日目:Konzertscheune@Niendorf(Poel)

超 田舎!! ですた。。。

見渡す限り、畑
R0017037.jpg

バスが一日6本…だと…(゜Д゜)ハァ?
R0017040.jpg

festspiele という催しの一環ですた
R0017038.jpg

コンサートホールw
R0017033.jpg
これは Scheune と呼ばれる、納屋。
今では使用されていない場所を改築して festspiele という名目で使われているらしいです。

内部はこんな感じ
R0017045.jpg

昔は動物でもいたんでしょうか
R0017046.jpg

夕焼けがキレイでした(*´Д`*)
R0017049.jpg

曲は前日と同じでした。
チェロコンチェルトのソリストは、festspiele 用のソリストだったので
ちょっと Probe に時間が取られましたが、本番はよくできたと思います。

納屋で演奏するなんて珍しいので、貴重だったかもwww


banner_21.gif

003.gif
↑くりっくクリック☆

関連記事
[ 2010/08/15 04:48 ] @ろすとっく | TB(0) | CM(0)

Landesjugendorchester.1



ハロルドです。

LJO一日目:Theater Putbus@Rügen

リューゲン島って、ドイツで一番大きい島だそうです。

Theater Putbus
R0017018.jpg

こぢんまりした歌劇場
R0017019.jpg

内部はキラキラしてステキ
R0017017.jpg

外でハチミツが売っていた
R0017030.jpg

Tobias と Philipp
R0017031.jpg


演奏した曲は
R.Wagner:Die Meistersinger von Nürnberg,Vorspiel
A.Dvorak:Violoncello-Konzert h-Moll
R.Schumann:4. Sinfonie d-Moll

いやはや、トランペット満載。
一日目だったからか、ちょっと緊張してしまいましたorz
小さい歌劇場なのかわからんけど、乾燥していてめっちゃ吹きにくかった。。。


LJO二日目:Nikolaikirche@Rostock

ホームゾーン、ロストックでの演奏会。
ロストックはコンサートホールがないので(Theaterはある)、大きい催しは
たいてい Nikolaikirche でやります。
そういえば去年、ジャーマンブラスが来てここでコンサートをしました。

なんにせよ教会なので、響くひびく。
指揮者がなんか言っても、金管までは声が届かないw
なので、響かないようにひそひそ声でProbeしてますたw
(集中力は増したwww)

演奏曲はPutbusと同じ。
管楽器は吹いていて気持ちよかったのではないでしょうかね。


banner_21.gif

003.gif
↑くりっくクリック☆

関連記事
[ 2010/08/14 00:27 ] @ろすとっく | TB(0) | CM(0)

Ich habe dem LJO teilgenommen.



ハロルドです。

前記のトランペットアンサンブルと平行して、ほかの場所にも通っていました(´Д`;)

Landes Jugend Orchester(通称・LJO) と呼ばれるユースオーケストラの練習です。

ドイツには各州に LJO があるそうです。
世界にあるユースオケと同じく、13歳~26歳くらいの若者たちで構成されています。
それぞれレベルの差はあるものの、随時オーディションを行っているそうです。

しかーし(`・ω・´)

今回、トランペットが足りないとのことで、Aushilfe(お手伝い♪)に行ってまいりました!

今夏の練習は、ちょうどロストックで行われていたので都合がよかったです。
ロストックがある州は Mecklenburg-Vorpommern 州といってかなり大きく、近くの街へ
行くのもけっこう時間がかかるのです。
なので、らっきー☆でした。

拘束日数は二週間。
7月12日から25日まで。
毎日練習は参加していたけど、一日中ではなかったのが救い。
いや、コドモの体力にはついていけませんです(´Д`;)
(バテるとかではなく、元気があるかのモンダイ)

なかなかみなさん上手で、こっちはAushilfeになってるのか心配でした(苦笑
トランペット群もちょっと反抗期入ってるのもいたけど、まあ好感触。

写真といった場所の解説は次回!


banner_21.gif

003.gif
↑くりっくクリック☆

関連記事
[ 2010/08/13 07:40 ] @ろすとっく | TB(0) | CM(0)