非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

しなふぁい。

ハロルドです。

Xenakis:Synaphai






自分のために動画貼っておきます 爆

自分のすきな音楽ってなんだったっけ?って考えてました。

そしたらやっぱり近現代。
オケもソロもなんでも近現代。

新しい可能性を追従することって、何においても楽しかったりする。

作曲するほうだって演奏するほうだって、きっとそんなときがあるでしょう。

わたしはハイドンをキライにはならないけれど
(だって、やっぱり古典はすばらしいもの)
好んで演奏しないな、これからも。

そんなこと言ってたらいつまでも吹けないんじゃないか、ばぁーか

なんてことは思いません(`・ω・´)
音楽はいつまでたってもつながっているんですから。
そしたらすきなことを追求して、楽しんで音を出せたらいいじゃない。
ということを思いついて、ちょっと楽しくなってきました。

クセナキス、はじめて聴いたけどいいわぁ。
ピアニストの大井浩明さん、指の回りかたがハンパない。
指揮者の井上道義さん、この動画若いなぁ、何年前だよ。w

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
関連記事
[ 2011/06/26 15:46 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(0)

夏目漱石の”こころ”。

ハロルドです。

先週末は運よくビッグバンドでエキストラとして演奏してきました(`・ω・´)
日本にいたときはバンド活動もしてたものですが、ドイツに来てからは
めっきりクラシック一辺倒な生活だったので、新鮮でした。

一番ラッパを吹いていたのがベルリンから来ていたエキストラで
イケメン☆キラキラ王子」と勝手にあだ名をつけました。
かっこよかったんですよ 笑
アドリブもすごく上手かった。


そんなこんなで(どんな?)今週はロストック音大入学試験週間です。
練習室が取れない、悪魔の週間です。

ちょくちょく書いているとおり、私自身すこぶる調子がいいわけでもないのであんまり問題はなく。
練習に行くというより、自宅待機&来る試験のための勉強、という感じです。

家にいるのでネットを必然的に多用します(ただのネットサーフィン)。
あ、でも本もあいかわらず読んでますぉ。


今週から夏目漱石の「こゝろ」を読み始めました。
中学生のころに「我輩は猫である」を読破できなかった身としては不安もありましたが
意外にすいすい読めてうれしい限りです。
そんだけオトナになってきた、ということで。笑

こころ (新潮文庫)こころ (新潮文庫)
(2004/03)
夏目 漱石

商品詳細を見る


死を選ぶことは難しい、そして死なずに生き続けることもまた難しい。

人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2011/06/22 16:21 ] 本 読みました | TB(0) | CM(0)

おめでとう、ありがとう。そして村上春樹。

ハロルドです。

先週いっぱい、ロストック音大では「Kammmermusikfestival」が開催されていました。
直訳すると「室内楽フェスティバル」ですw
わたしはトランペットアンサンブルと金管七重奏で参加しました。

トランペットアンサンブルはなんだか大変でした。
現在のロストック音大トランペット科はほとんどがアジア人で構成されていて、
ドイツ語での意思疎通がけっこうできてない・・・(笑えない
まぁ、演奏だけはできるんだけど。
それじゃあつまんないってのー(´・ω・`)

金管七重奏は Mnozil Brass 版の 「Florentinermarsch」 をやりました。
曲は難易度もそこそこに高く、おもしろかったです。
わたしはあいかわらず調子が良くなかったので、三番トランペット吹いてましたw
最後のメロディーは持ち替えてピッコロTp吹いたけどwww ←どんだけ負けず嫌いなんだ


そんな中、誕生日を迎えました◎
体調崩したりストレス溜まったりさんっざんな上半期だったけど。

誕生日過ぎてから、ちょっとだけものごとを軽めに受けとることができるようになりました。

あごが痛いとか身体が硬いとかトランペット上手く吹けなくなったとか、
そんなことは人生の通過点でしかない、と。
そりゃあ回復はしたいし、回復しなきゃいけないと思います、自分自身のために。


先週からはこれを読んでいます。

走ることについて語るときに僕の語ること走ることについて語るときに僕の語ること
(2007/10/12)
村上 春樹

商品詳細を見る


わたしにとっての新刊。
これはまだ読んだことがなかったので。
やっぱりこのひとの文章はおもしろい。

人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2011/06/15 16:18 ] 本 読みました | TB(0) | CM(0)

わたしは恋愛中毒、ではないと断言できる。

ハロルドです。

先週末から毎日夏日が続いていたんですが、とうとう大雨が降りました。
Twitter にもつぶやいたんですけど、ほんとに「バケツをひっくり返したような」という
表現がぴったりでした。
ざばざばーっと降った、そのあとのもやもやした空気がキライではないです。


ロミオとジュリエット(S.プロコフィエフ)のCDを借りてきました。
ゲルギエフ指揮。
このバレエをDVDで観るのがすきなのです。
いつか生で聴きたい・観たい。

DVDで観るとどうしてもPCの画面から離れられなくなってしまうので
(まるでコドモのようだ)CDを借りてきましたよ。
トランペットが上手いです。さすがロシア。
いろんな楽器のソロが多い曲なので、聞き比べても楽しめます^^


「恋愛中毒」を読み終えました。
気分が落ち込んでるときに読むもんじゃなかったです 苦笑

恋愛中毒 (角川文庫)恋愛中毒 (角川文庫)
(2002/06)
山本 文緒

商品詳細を見る


ネタばれしちゃうけど、超簡単に言えば、重度のストーカーの話。
読んでいてもまるで変わったところのない、積極的でなくちょっと暗めで真面目な女。
そんなひとってきっとたくさんいるんでしょうね。

普通であるはずのひとが狂気を持つ瞬間、みたいなものが随所に散りばめられていて
もちろんどんどん話に引き込まれます。
男性はあんまり読後感がよろしくないようです。なんだかなぁ。
(レビューなどを読むとそういう意見が多かった)
女の書いた女のための女の本、という感じです。

人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2011/06/08 15:29 ] 本 読みました | TB(0) | CM(2)

うたかた / サンクチュアリ

ハロルドです。

行くと決めていたオーディションには行きませんでした。
チャンスだと思っていたし、とにかくそういう場に行かないことには話にならないから。
と思ってはいるのですが、やっぱり気持ちと身体のバランスが合わなくて。
悲しいやら悔しいやら、でもそんな時期なんでしょう、って思います。

あと一ヵ月半で夏休み!
わたしは授業の課題をやらなければいけません。
そのための試験もあるし。

なにをその時期・瞬間に一番大事にしなければいけないか。
そんなことをぼんやり考えています。

友達から本を大量に借りてきました。
新しい情報と知識と見解を手に入れることは
いまのわたしにとって必要なことだ、と思います。

うたかた/サンクチュアリ (新潮文庫)うたかた/サンクチュアリ (新潮文庫)
(2002/09)
吉本 ばなな

商品詳細を見る


最初に吉本ばななを読みました。
喰わず嫌いでずっと読んでいなかった作家さん。
今ごろこころに沁みてきます。

人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2011/06/03 21:08 ] 本 読みました | TB(0) | CM(0)