非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Skandinavische Nachtmusik 10. August 2012

ハロルドです。

もう二週間前のことですが、別の教会コンサートに行ってきました。

Skandinavische Nachtmusik(スカンジナヴィアの夕べ)と題されるこのコンサート、
ロストック音大のトランペットの先生であり、北ドイツフィルハーモニーの首席奏者を務める
Christian Packmohr によるトランペットとオルガンのコンサートでした。

彼はわたしの室内楽の先生で、まぁ、すごくいいひとです。笑
敬虔なクリスチャンで、彼の住んでいる Warnemünde の中心にある教会の Kantor(教会音楽家)
である Christiane Werbs と定期的に教会コンサートをしています。

彼にはトランペット音楽学も習いました。彼はものすごい楽譜収集家で、
授業の時には毎回たくさんのトランペットの譜面と音源を持ってきて聞かせてくれました。
けっこう彼と曲の趣味が合ったので、あの授業は唯一楽しかった。笑

最近わたしが異常に気にかけている、トランペットとオルガン。
わたしのドイツでやってみたいことを、彼は実力もコネもあり(?)実行している、
それがやっぱりうらやましいし勉強になるなぁ、と思ってます。

Nachtmusik と題しているだけあって、開演時間はちょっと遅く、21時半。
休憩はありませんでした。

今回のプログラムは、彼が出しているCDからの抜粋、という感じでした(CDも同じ題名)。
題名どおり、すべて北欧の作曲家によって書かれたものだけで構成されています。

教会内での演出も良かったです。
照明はつけずに、曲のイメージに合わせた情景を前方のスクリーンに映していました。

彼の演奏スタイルはちょっと個性的で、いかにも東ドイツって感じの演奏。
オケ奏者だからか、音の芯はしっかりあって安定感があります。

ただ、今回「あの曲やるから~」なんて事前に言われてた曲があって、
その曲はわたしも好きで、やってみたいなーと思っていた曲なんですが、
まぁ聞いてみて、ラッパ吹きとしてちょっと怖かった。笑 
失敗できない曲、聴衆を退屈させてしまう曲、そんな感じがしてしまった。汗

K.Hvoslef:Tromba Solo という曲なんですが、アントンセンも録音しているので
興味があったらこれまたぜひ聞いてみてください。

オルガンも現代曲ってすごく難易度が高いわけですが、彼女もよく弾きますね。
選曲もよくていいオルガン奏者だと思います。ちょっと変わったひとですが。。。

トランペットとオルガンについては別個でまた書くこともあるだろう、ということで
追記でプログラムを書いておきます。

DCIM0202.jpg
スポンサーサイト

Read More

関連記事
[ 2012/08/29 10:31 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(0)

Kirchenkonzert von Ludwig Güttler 03. August 2012

ハロルドです。

日本から帰ってきてすぐ、地元ロストックで演奏会を聴きに行ってきました。

Ludwig Güttler(ルートヴィッヒ・ギュットラー)という、
東ドイツ時代からのトランペットの名手です。
2007年には「大英帝国勲章」を授与されています。すご。

わたしトランペット吹いてます~、なんて話すと
「ギュトラーを知ってるか!?」
なんて一般人からも聞かれてしまうくらい、有名なトランペット奏者。

CDもたくさん出していて、でもどっちかというと食わず嫌いでした。笑
ていうのは、有名すぎてそもそも意欲的に聴く気にならなかった。
でも一見はなんたら、って言うじゃないですか。←
ロストックに来たのも珍しいし久しぶりみたいだから、ちょっと聴きに行くか、
という身軽な感じで聴きに行ってきました。

チケットははっきり言って高い。←
一般券が€36、わたし学生券で€17って。。。


彼はほとんど(いつも)教会で演奏しています。
トランペットとオルガン、というのはわたしの卒論・卒試のテーマなので
興味深く、選曲もなかなか玄人好み寄りでよかった。

彼の音は太い。ラッパ鳴らしてる、って感じがものすごい。
教会だからそれなりに柔らかくはなるけど、音の芯がはっきりしていて
逆にそれがキツさを感じさせない。
すごく堂々と吹き、朗々と鳴らしている。

わたしの思う「キレイな音」と対極のような感じもするけれど
彼のほうが芯もあって、それでいてやっぱりキレイに聞こえる。

勉強になった!こういう風に演奏してみたい、って思えました◎

いつまで経ってもミーハーなわたしは、写真をお願いしましたよ。笑

DCIM0011.jpg
サイン会の時間もちゃんと設けていました。

DCIM0014.jpg
かなりイケメンでした(典型的なドイツ人顔ってコトです)。

年間110本もコンサートしているらしい。だいたいドイツ国内。
もう60歳すぎだろうに。。。すごすぎ。

日本でもCD買えるので、興味がある方はぜひ聴いてみてください☆

Read More

関連記事
[ 2012/08/20 11:46 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(2)

Musikschule の広告に行った。

ハロルドです。

日本の写真だけだらだらうpするのも飽きてきたので
今回から通常モードです。

早いものでドイツに戻ってきて二週間経ちました。
日本はお盆ですね。
こちらではすでに小中学生と高校生の夏休みは終わっています。
新学期が始まっているのです。

こっちには書いてなかったけど
一年前から音楽学校で教える仕事をもらっています。
今年はその日程に合わせて日本から帰ってきました。

先週はオリエンテーション週間だったので授業もすくなく、
その空き時間を使い、音楽学校の広告をしてきました。

広告をしたのは
フルート・サックス・クラリネット・トランペット・トロンボーン
吹奏楽(ブラスバンド)を一学年のみんなで編成するため
このような楽器群になっています。

わたしなぞは
「おんなのこでも トランペット ふけるよー」
などど宣伝してきました。
田舎なので、金管楽器は男の楽器、というイメージもありそうだし。

ラッパ吹きたい!とコドモたちも最初は寄ってくるものの、
最終的にはフルート・サックスなどの人気が高いですー。

たぶん三人くらいの男子が、トランペット・トロンボーンをやるみたいです。
また男のこかぁ。ぎゃーぎゃーうるさいんだよねー。苦笑

小学校の広告とは別に、個人レッスンの申し込みもありました。
よかったー。グループレッスンは割りに合わないし、体力的にもキツイ。笑

まだまだ学生という身分なので、たくさん生徒を取ることはできませんが
ドイツ語も含めて、いい経験させてもらっています。

大学はまだまだ夏休みだけど、やっぱり仕事があるのはいいねー。

八月半ばにして意外に残暑が厳しいドイツですが、がんばってきます。

関連記事
[ 2012/08/13 18:30 ] @ろすとっく | TB(0) | CM(0)

一時帰国なう。4

ハロルドです。

月あたまにドイツへ戻ってきました。

都内での写真を中心に今回はうpします。

時差ぼけのために毎回見ることになる、朝焼け@実家
R0021158.jpg

居酒屋とりとん@吉祥寺
R0021181.jpg

鳥ユッケ?おいしかった。
R0021186.jpg

牛タン定食@上野ねぎし
R0021192.jpg

牛タンのあと、浅草へ。
R0021195.jpg

スカイツリーと金色のう○こ(有名なアレです)
R0021200.jpg

勝海舟の銅像があるらしい!
R0021202.jpg

ので、一緒に記念写真。
R0021205.jpg

ゆがんだスカイツリー。。。
R0021211.jpg

solamachi でトモダチが買ってくれたTシャツ。
R0021219.jpg

関連記事
[ 2012/08/06 20:58 ] @じゃぱん | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。