非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

オケプロジェクト・パウルス終了。

こんにちは、ハロルドです。

三日間続いたオラトリオ・パウルス、終了しました。
今回の大学オケは、わたしにとって最後のプロジェクトでした。
久しぶりの大学オケだったのですが、あれこれ考えながら作り上げていき、
自分にとって悪くない出来だったと思います(`・ω・´)

まぁずっと体調が悪かった~などとと書きつつ、なんやかんや参加していたのですが
とにかく今回は一週間の短期間で自分を見つめなおしました。
奏法・姿勢・アンサンブルの点に於いてです。

奏法と姿勢。
緊張感によって崩れる可能性が高いので、練習のときから気を遣っていました。
オケのときはドイツ管をいつも使っていて、左手の支えがなくなるとヤバイ!というのは
前からわかっていたので、そういう対処ができたかなーという感じ。
姿勢はとにかく変わるもので…がっつり吹くときと柔らかく吹くときで変えていた、
と書くのがいちばんしっくり。
奏法も姿勢も、支えの必要を再認識しました。
もともと支え、というものを意識して演奏してないタイプだったからかも。

アンサンブル。
オケ全体ではなく、直管だけでのアンサンブルという意味です。
とかくトロンボーンは音程にうるさい気を遣う楽器なのでかなり緊張しましたよ。
本番では90パーセント上手くはまったと思います。

これで晴れて春休みなので、じっくり基礎を固めつつ卒試の練習もしなければー。

スポンサーサイト
関連記事
[ 2013/01/29 13:54 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)

音大入試において。

おひさしぶりです、ハロルドです。

今週末は大学オケの演奏会なので、そのため毎日朝晩練習です。
それと同時に音大の入試も行われています。

入試に関してなんですが、今回は夏学期の募集だからなのか、受験者が少ないです。
そして、募集していない楽器群もいくつかあったようです。珍しい。
ちなみに、ピアノ・フルート・ホルン・打楽器。

トランペットはいつでも募集中です!(←ここで書いても意味はなく)
今回は五人しか来ませんでした…しかも韓国人とスペイン人。

トランペットの受験に来るひとたちというのは、いつもまちまちです。
うちの先生が知らないひとばかり来るのです。
ドイツの音大に留学したければ、Vorspiel(事前に音大の先生とコンタクトを取って見てもらうこと)を
するのは当然だと思うのですが。。。
この Vorspiel というのはちょっと頑張るといろんなメリットがあるのですよ。
日本とはちょっと違って、こちら側からも先生を選べる、ということでもあります。
「お互いに知る」ということは大事なことではないでしょうか。

わたしの先生は「教授様」ではありませんが、現役オケマンです。
そんな先生のもとで勉強できるのは、わたし個人としては大変幸せなことなのですが
どうも日本人以外のアジア人は、教授という名前に尊敬の念を払っているようです。
わたしの先生は教授じゃないので、すべり止め受験に来る、ということでしょうか。

そういう気持ちで留学に来るひとは、運良く音大に入れてもすぐ国に帰る傾向があります。
そして大学生活も仲間同士で打ち解けることもほとんどなく、自分の練習ばかりして
アンサンブルなどは吹くだけ(←ひとの話を聞かない、またはドイツ語を理解できていない)。
そういうひとが同じ楽器にいると、正直かなり残念です。

ほかの楽器の事情はわからないので置いておきますが、トランペット受験に関して言えば
情報を入手するのは簡単です。実際、有名な教授はドイツ各地にいるので。
そして大学のホームページを開けば(大抵英語版もあります)先生のプロフィールなんぞ
すぐ読めます。コンタクトだって音大を通じてできるのですよ。

楽器だけでなく、自分で努力した結果、ドイツ留学という切符をもらえるのだと思います。
これから留学したいと考えている方々には、その点にも気を配っていくべきだと思うのです。

陰で「韓国人ドイツ音大受験ツアー」などと呼ばれていた団体受験も最近は息を潜めていますが
(というか、本当に三年くらい前まではすごかった)そんなにまでして…って思っていました。
なにをするにも、自分の気持ちとやる気次第でどうにでもなります。
他人にすべてを任せた結果は、自分に返ってくることがない。

愚痴ばかりになってしまいましたが、目に余ることだったのであらためて書いてみました。
これからの若い受験者がもうちょっと思慮深くいてくれることを願って。笑

関連記事
[ 2013/01/23 14:49 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)

Asienmarkt.

ハロルドです。

あっという間にお正月も過ぎ去りました。
ドイツの正月は、きっと1月1日だけなんでしょうね。笑

今年は年間カレンダーの都合により、年明けて一週間ほど休みがありました。
そうじゃなかったら、だいたい3日とかには学校が始まってしまうのです。

12月に稼いだ小銭もあったので、先週末はハンブルグに遊びに行ってきました。
よく行く美味しい中華をたらふく食べ、CAMPER の靴も新調しました。

ハンブルグ(またはベルリン)に行くときにとっても重要なのが
アジアンマルクト(アジア食材店)に行くこと。
わたしはだいたい半年に一度、彼と行って買い込みます。
ちなみに、日本人が経営していることはまずなく、ほとんど韓国人か中国人経営。
飲食店だとベトナム人も多いみたいです。

ロストックにもあるんですけど、お店が小さくてあまり種類がないので
コリアンダーとか生ものを買うときにだけ行ってます。

今回大ヒットだったのは
DSC_0155.jpg
ハチミツ柚子茶!400円くらい。
漢字で書いてあるけど韓国産なんですね~。

たまに乾麺も買います。
賞味期限が切れているものは半額になっています(っておかしいですよね)。
あえて買いませんけど。

わたし、ダシ醤油が大好きなので、それもたいてい買います。
ごま油もなくなったら買うけど、かなり持つからたまに。

カレールーは高い。ちょっと買う気をなくすほどに。
日本人ってカレー好きなんですよね。
だからけっこう売れるんだと思います。
わたしは、そんなにカレー食べないので、前は親に送ってもらっていました。
ていうか、作るときはカレー粉とスパイスでできるしね。

こないだ、塩昆布が売られていました。
これも好きで送ってもらっているので、ここでは買わない。

塩ラーメンはかなり心惹かれますね。。。哀しいかな。
でも買わない。次回日本で食べれますように、と心で願うのです。

そんな感じで、アジアンマルクトは見てるだけであっという間に時間が過ぎます。
また次回の訪問を楽しみにお店をあとにします。

話は変わって、クリスマス前にうたのおねえさんがヒヤシンスの球根をくれました。
本来なら春ごろ咲くんですが、暖かい室内で年明けに花をつけました。早っ。
DSC_0156.jpg
どーん。。。真横に。。。
せっかく植え替えたのに。

昨日、友達にこの写真を見せたら
「育て主と同じくひねくれているんだね」
などと暴言を吐かれました。

関連記事
[ 2013/01/12 19:52 ] @ろすとっく | TB(0) | CM(0)

2013年☆あけましておめでとうございます。

ハロルドです。
2013年、あけましておめでとうございます。
今年も不定期更新ですが、引き続きこのブログをよろしくおねがいします。

neues 2013

今年は卒業試験の年となります。
長かった学生生活もとうとう終盤。
まだソロ用の試験曲は本決まりではないのですが、ぼんやりとやりたい曲を頭で巡らしています。

特に楽しみなのが、室内楽の試験!オルガンとやりたいのです。
と言っても、まだオルガニスト決まってない(´・ω・`)
しかし、それが今年の楽しみなことのひとつです!

なんだかんだ言ったり書いたりしていた、体調のこと。
ずいぶんと見えないストレスに悩まされていたわたしのこころ。
2011年から約二年が経とうとしています。
でも、この12月頃から回復できそうな気持ちになったしそのように努力もしてきました。

とにかく毎日たのしくこころ穏やかに、練習は喜びをもって。
それが、いまのわたしにいちばん大切なこと、だとようやく気づけました。
そして自分を追い込まないこと。自分を許すこと。
見た目と裏腹に(苦笑)かなり自分に厳しくしたいタイプなので、
出来ないことは出来るようにすることが当然だと思っています。
が、それだと結局いつかこころが壊れてしまうと気づきました。

そして、ドイツに来た目的と目標は、だんだん果たすのが難しくなってきました。
でも、それで自分を追い込んでしまっていた気がするので
もうそろそろ解放してもいいと今年は思うことにします。

ちょっと迷いましたが今年の目標。
思いわずらうことなく愉しく生きよ
江國香織さんの小説の題名からいただきました◎

なんとか今年も人の助けを受け、生きていけるようにがんばります。笑

関連記事
[ 2013/01/03 21:06 ] @ろすとっく | TB(0) | CM(2)