非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

レッスンとオペラ三昧。

ハロルドです。

週末、一ヵ月半ぶりにベルリンへ行ってきました。
Rainer Auerbach 氏が忙しくてロストックに来れないので、レッスンを受けてきました。
曲の相談をしたのですが、夏ゼメスターは短いのでちょっとプログラムの変更をしてみたり。

たぶんフランセは吹かないことになりそう(´Д`;)
まぁタケミツがすでに現代曲なので、反対にバロックのソナタにしようかな。

ベルリンでの週末、とても充実して過ごせました。
Staatsoper im Schillertheater でのオペラ三昧。
金曜日はモーツアルトの「偽の女庭師 La finta giardiniera」
土曜日はウエーバーの「魔弾の射手 Der Freischuetz」
日曜日はワーグナーの「神々の黄昏 Goetterdaemmerung」

どれも素晴らしかったです^^
特にワーグナーのリング、まだ聴いたことがなかったので。
オケの舞台裏でこっそり聴いたので、舞台はまったく見れませんでしたが。
しかも6時間という最長オペラ、電車に乗る関係で少ししか聴けなかったのです。

今回はほぼ一日中 Staatsoper にいました。笑
レッスンを二日、先生が時間を取れる限りやってくれたので
ほとんど外に出なかったっていう。笑

学生じゃなくなるとこんなことも気軽にできなくなるので
今のうちにベルリンに通ってたくさん感動しておきたいです。

スポンサーサイト
関連記事
[ 2013/04/22 13:23 ] @べるりん | TB(0) | CM(0)

新学期と卒業試験。

ハロルドです。

四月になりまして、ロストック音大でも夏学期が始まりました。
この夏学期、ハロルドにとって今のところ最後の学期となります。
予定は未定、でも卒業試験をやることにしていますのでがんばらねば。

春休みからこつこつ練習に励んでいまして、そのおかげで調子もだんだん
良くなってきたと自負しています。
吹けないとか身体が思うようにならないとか、いろいろ思い悩んだ二年ですが
焦りすぎずゆっくり、このペースを保って試験に臨みたいと思います。

12.jpg

さて、ディプロム卒業試験。

・ソナタ 3曲
・コンチェルト 2曲
・オーケストラスタディ 15曲中8曲当日指定
・室内楽 30~40分


という、まぁざっと書くだけでもがっかりするくらい曲数が多いです。
日本の音大の卒業試験の比ではないです。ぶっちゃけキツくなると思います。
これをすべて修了したら「Diplom Musiker ディプロム演奏家」の資格をいただけます。

ソナタは3曲決めました。

T.Charlier:Solo de concouers
J.Francaix:Sonatine
T.Takemitsu:Path


うわーと自分でも思っているのですが、これでソナタ終わらせたい!(切実)
通し練習はまだしてません。吹ききれるか、が目下の課題。
(凹んだら曲変えるかもしれない…)

ソナタと書いていますが、トランペットのレパートリーにはほとんどソナタと
呼ばれる楽曲がないので、コンクール用小品などと組み合わせました。
(ちなみに有名なソナタは、ヒンデミット・ユボー・エワイゼンそしてマルティヌなど。
 時代別に分けなければいけないという制約があるけど、曲の組み合わせは自由)

とりあえずはソナタ試験に向けて練習中です。

四月になってようやく暖かくなりはじめたので、ジョギングに出ています。
練習室が取れない昼間とかもいけそうだなぁと思ってます。
しかし走るのは気持ちよいです!無心になれるし、肺が強くなっていくのが
練習中にも直に感じられて、ますます楽しくなってきました(*´ω`*)

11.jpg

写真は電車の中から撮ってみました。
この時点で19時半。すっかり明るくなりました。

関連記事
[ 2013/04/09 13:38 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)