非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

【Diplom】Sonatenteilprüfung

ハロルドです。

卒業の記事と順序が逆になってしまったのですが…
2月25日(火)に行われたソナタ試験のことについて記しておきます。

2月はすでに大学が春休みに入っており
そんなわけで大学HPにも催しとして記載されておらず…
しかし何人か知り合いと友達を誘って、聴きにきてもらいました。

なもので、かなりアットホームな雰囲気で試験でした^^;

今回はトランペット科三名の合同試験、コンサート形式で行われました。
休憩無しの約一時間半、トランペットづくしで聴くほうも大変だったかな…苦笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

演奏した曲は

T.Charlier : Solo de concours (シャルリエ:コンクール用小品)
G.Torelli : Sonata a cinque in D-Dur (トレッリ:五つのソナタ)
T.Takemitsu : Paths for trumpet (武満徹:径~ヴィトルド・ルトスワフスキの追憶に~)

個人的全体評としては80パーセント上手くいったかなという感触。
しかし審査員の評価はイマイチ…でした。

以前から酸っぱく言われていた
「堂々と演奏」「わたしはここにいる、という演奏」「守りに入らない演奏」
こういった箇所が全く評価に反映されませんでした。

試験前、ライナー先生に
「好きなように、思うように演奏していいんだよ」と言われたもので
腹を決めてそのように演奏・提示したつもりだったのですが
わたしの演奏スタイルというものは、どうも前向きに評価されないようで。。。悲

しかし、それでも私自身は満足し、達成感のあった演奏だったと思うのです。
演奏していて楽しかったし、緊張も適度にあったし
全て終わったとき、難点はあったけれども全体的にはよかった。

自己満だとは思いますが、少しづつ自分自身を認めていくことも
必要だと学びました。
若いときには実感できなかったけれども、今この歳だからこそわかることもある。



なにが大変だったのか、終わってみるとあっけらかんとしてよくわかりませんが
やっぱり「試験」という言葉にすごく焦り、追い詰められていました。

年が明けてから準備し始め(遅)、約一ヵ月半、苦しい練習の日々。
いろいろ考えたし絶望感もたまにあり、わたしはなんでこんなことやってるのか、と。

試験とは、やはり通過点に過ぎませんでした。←

これからは聞いてくれるひとのために演奏できます。

ソロを吹く機会はこれからもあるかわからないけど
準備はしすぎるに越したことはないです。

これからは気持ち新たにマイペースで頑張っていきたいと思います。


DSC_0819-1.jpg
時間がなくてあわてて当日に作成した手書きのプログラム。笑

スポンサーサイト
関連記事

タグ : ディプロム マスター バチェラー 卒業試験 トランペット

[ 2014/03/17 12:04 ] ディプロム取得試験 | TB(0) | CM(0)

【Diplom】ようやく卒業となりました。

ハロルドです。

報告が遅くなりましたが、2月25日(火)に最後の試験をしてきました♪

2013年7月を皮切りに、約半年間「ディプロム取得」のための一連の試験を終了し、
なんとか無事に音楽大学を修了することができました。

(まだ卒業証明書はもらっていませんが、除籍登録はしました◎)

2009年からドイツ国立ロストック音楽演劇大学で勉強の機会を与えてもらい
しかしわたしは専門学校卒だったため一年次よりやりなおし、ということで
丸々五年間!も学生として在籍させてもらいました。

ロストックで過ごした五年間は、ドイツ語・人間性ともにずいぶん勉強になりました。
日本にいたときのわたしは、なんと精神的にもコドモだったんだろう、と
いま思い返すとちょっと可笑しくもあるのですが(笑
とにかく、体調を崩したりした時期もありましたが、経験は経験。
これからの生き方に反映・精進していきたいと思います。
(ちょっとめちゃくちゃな書き方ですねw)

3月になってからは、あいかわらず Musikschule(音楽学校)で週三日教えています。
これからはこれがメインの仕事になる予定。

絶対にオケ奏者になりたい、と思ってドイツ留学を決めたけれども
どこに住んでいようと難しい壁であるコトは変わりませんでした。
それでもたまに地元のプロオケからバンダの仕事があったりして
オケと関わることが増えたのも、ドイツに来てから。
そんな中、オケの内部っていうのを垣間見て、一生の仕事として自分には合わないかも…
と感じたのも事実です。

ソロを演奏するのはあまり好きではないのですが
教会でオルガンと演奏するという経験は、いまの自分にとってかなり大きな比重になりつつあります。
(音楽学の卒論でトランペットとオルガンについて書いてしまったくらい好き!)

Musikschule の仕事はいまのところ毎日ではないので
オフの日にはいままでどおり基礎中心、いつでも吹けるトランペット奏者でいたいです。

これからは何かに追われることもなく、完全に自分のペースで生活していくことになります。
目下の不安は、就労ヴィザの更新くらいです。笑


ドイツに住める間は、このブログも不定期更新予定です。
こっそり覗いて応援してくださった読者様、ありがとうございました。
これからも新たにどうぞよろしくおねがいします(・ω・)ノシ

IMGP3501.jpg

関連記事

タグ : ロストック トランペット 卒業試験 ディプロム

[ 2014/03/08 12:46 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(2)