非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

腰痛に見舞われたおはなし。

こんにちは、ハロルドです。

先週の水曜日、就寝中に突然腰回りが痛くなり
寝返りをうってもどうしようもなく、うまく眠れなくなってしまい
次の日、やむなく仕事をお休みしました。

普段から病気をしないわたしは、ちょっと身体に問題があると
すぐ怖くなってしまう性質なので、朝のうちに診療内科へ。

腰が痛いんです、と訴えたけどまあ前屈できるからね、
あと尿検査しますからトイレ行ってそのあと結果聞いて帰ってね、と。
痛み止め薬の処方箋くれたけど、そんなもんかな?
そして Arbeitsunfähigkeitsbescheinigung という
いわゆる「公的に仕事を休める」紙をもらってきました。

そんなわけで、木曜日から週末はありえないくらいのんびりしてしまいました。

免許証更新も金曜日に行くと決めていたので、鈍痛を抱えながら行き
まあなんだかんだうまくいったし、結果オーライです。笑

起床時は一時間くらい痛んでいたけど、温シップやサロンパスを貼って
2日ほどしたら、ようやくラクになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういうとき、ひとり暮らしなのはツライ。
幸いいまは近くに仲良しさんが住んでいるけど、いつもその子に頼れるわけではない。
三十路も過ぎると健康面でガタつきが見られがちだし。

とかなんとか、いろいろ考えさせられます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

休んでいる間は、溜まっていた昔の録音音源の整理をしました。
PCを買い換えてから、と思っていたことができてよかった←遅

あとは、白米を2日連続で炊きました。
弱っているときこそちゃんとご飯を食べよう!と思えるので
おかずを作る楽しみを久々に味わいました。笑

涼しくなってきたので、食前酒がビール(小)からワインになりつつあります。
ワインはガバガバ飲んでしまうので、夕食後はえらい気分が落ち込みます。笑


もう10月になりますね。
中旬の秋休みに演奏旅行で シ カ ゴ in USA に行くので
それまでには腰痛の心配がないようにしなければ。

スポンサーサイト
関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2014/09/29 14:48 ] @ろすとっく | TB(0) | CM(2)

ドイツの運転免許証に切り替える。その2

こんにちは、ハロルドです。

前回の記事の続きとなります。

運転免許証切り替えに必要な書類

・日本の運転免許証(有効なもの)
・日本の運転免許証の翻訳証明書(ドイツ語)
・運転免許経歴証明書(英文またはドイツ語)
・パスポート
・住民票
・証明写真1枚(45mm×35mm)


それぞれ自分でコピーを取っていったほうが安心です。
わたしの場合、役所でオリジナルを提出したら、向こうでコピーを取って
オリジナルは返却されました。

・・・・・・

午前中早めに役所(ロストックでは街外れにある Stadtamt )へ行き
Führerscheinstelle, Führerscheinangelegenheiten などと書いてある階へ。
待合室があり、自分の用のある課のボタンを押して番号札をもらいます。
(外国人免許証書換という項目があるはず。)

呼ばれたあとは、役所の係員の指示に従います。

役所の対応ってホントにまちまちです。はじめて話を聞きに行った春ごろは
担当のおばさんが「よくわかんないわ~」などという雰囲気の持ち主だったのですが
おおまかな話はそんなおばさんからも聞けるので、一度は訪れたほうがよいですね。

今回はずいぶんと手馴れているおばさまで、何事もうまくスムーズに運びました。
向こうが聞いてきたことに答えるだけで、自分からあれこれ墓穴を掘らなくて済みました。笑

たしかにわたしの例は珍しく(すでに二回失効してるとか)
こんなに放っておいたならドイツでもっかい試験しろよ!
とか言われてもしょうがないよなあと、半ば諦めモードも入っていましたが、
ドイツの良いところは書類がきちんと揃っていればうまくいく
というところに尽きますね。

ビザの申請で何度も外人局を行き来しなければならない、などという話も聞きますが
わたしはその手間をかけたくないので、書類集めにはいつも本気モードで臨みますw

役所対応は運次第、などと在独外国人によく言われます。
そう思わなくもないですが、外国人であるという自分を意識して
自分がされたら嫌だと思う行動・言動は慎むにこしたことはありません。
(書類が手元にないけどどうにかしてくれ、的なこと。当然無理ですw)

・・・・・・

本人確認やサインをしたあとは、念願の
「じゃあ下の階に行って Kasse でお金を払ってきて」というお言葉。
この時点でいやっほーーーーいミッション完了!免許取得!が実感できますw

ワタクシ、今回 55.40ユーロ (2014年9月現在)という手数料でした。
基本は 33.20ユーロ ってHPにも書いてあったんですけどね。
まあ諸手続き代らしいです。

明細内容はこんなんでした。

・更新料 €33.20
・申請料 €5.10
・役所(からの)情報 €3.30 ←たぶん個人情報データベース
・登録料 €1.00
・役所での面会時間 €12.80 ←えらい高いw15分だってw


日本の運転免許証はドイツのものと交換になります、と言われました。
なのでまだ手元にありますが、受取時にトレードするんですね残念です。

日本の運転免許証をドイツの運転免許証に書き換える際に、原則として、日本の運転免許証はドイツの運転免許センターに一定期間保管され、その後、当大使館宛てに郵送されることになっています。当館に送付された免許証に関しては当館管轄地域にお住まいの方には当館から、当館管轄地域以外にお住まいの方には居住地管轄の各在外公館に転送後、在留届で住所・連絡先が確認できる方に返却しています。

(在ドイツ日本国大使館HPより抜粋)

ということを伝えたら、そうです後々そのようにされる予定ですよ、との返事が。
ああよかった。でも心配性だから、受取に行くときまたしつこく確認しよう。←

役所のおばさんは「二週間後にできるので、都合のいい日に取りに来て」
と言っていましたが、余裕をもって10月の終わりごろに行こうと思いますw



長文、読んでいただきありがとうございました。

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2014/09/27 14:17 ] ドイツ あれこれ | TB(0) | CM(0)

ドイツの運転免許証に切り替える。

こんにちは、ハロルドです。

折からやろうと思っていてとうとう何年も放っておいた、免許証の切り替え。
在独7年目にしてようやく取得できる運びとなりました。

わたしの例はかなり特殊だったので(切り替えするまでに時間かかりすぎ)
備忘録としてここに記載しておきます。



まずドイツの免許証に切り替えるには
・入国後6ヵ月以内であること
・有効期限内でかつドイツでの住民登録後に更新されていないこと
が最低条件となっています。

わたしは住民登録どころか引越しも何度もしていて
日本に帰国する頻度が少なかったために、一時帰国のたびに毎回失効手続き。。。

と、そんなトホホな状態だったのですが
しっかりお役所の話を聞き、かつ必要書類も全て揃えたために
今回無事受理されることになりました。

原則としては、こういった状況ではまず切り替えは認められません
と在ドイツ日本国大使館のHPにもあります。
しかし、ドイツの役所は対応がまちまちですから(苦笑
やらないよりはやってみたほうがいいと思います!



今回の切り替えにあたって重要だったものが
運転免許経歴証明書
というペラ紙(書類だけども)です。

これについても大使館のHPに記載されていて、わたしは直接電話確認もしたうえで
どうしても必要だ、ということがわかり、日本の実家に頼んで取得してもらいました。
運転免許経歴証明書は代理人申請も可能です。
委任状と免許証とパスポートのコピーを実家に郵送して
家族に運転免許センターまで行ってもらいました(日本語・英文両方)。
これは一週間ほどで自宅に郵送されてくるようです。

運転免許経歴証明書は、基本的には現有免許のものが送られてくるらしく
一通目に送ってもらったものは「それでは証明にならん!」ということで
親には二度も免許センターへ行ってもらいました。
(センターは実家から遠いのでさすがに申し訳ないと思いました。。。)

切り替えにあたってはいちばん最初の取得年月日が重要だそうです。
ほとんどの方は失効していなければ現有免許証に書いてあると思います。



そうして次にベルリンの在ドイツ日本国大使館へ行き、
現有運転免許証の翻訳証明をもらいました。
これは申請後、郵送で2~3日で自宅へ送られてきます。
手数料は16.50ユーロ (2014年9月現在)。

運転免許経歴証明書のドイツ語翻訳も申請しようと思ったのですが、
一通につき35ユーロ、しかし大使館の方に
「英文をそのまま提出しても大丈夫ではないか」
との助言をいただいたので、今回は申請しませんでした。

もしドイツ語訳が必要なら翻訳事務所でやってもらおうと思っていましたが
結局は「英文で大丈夫です」と役所に言われたのでよかったです。
(翻訳料はやはり高い...)



こんな感じで約一ヶ月かけて必要書類を取得し
ロストックの Stadtamt へ行ってきました。
長くなったので次回に続きます☆

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2014/09/26 16:50 ] ドイツ あれこれ | TB(0) | CM(0)

H.L.Clarke -Technical studies for the cornet-

どうもハロルドです。

最近、妙にやる気が出てきて時間があるときにちょいちょい練習しています。
(当然と言われればそれまでなんですが。。。笑)

そして2・3年くらい前から Bo Nilsson 先生に言われていた「クソ練習」なんですが
ようやく前向きに取り組む気持ちになれました。
(今さら?と言われればそうですね。。。笑)

トランペット吹きのためのクソ練習」(そんな名称はない)には
いくつか種類や教本があるもので
有名なものだとアーバン、クラーク、コリンあたり。

その中でも久しぶりにクラーク教則本を取り出しています。
IMG_0857.jpg
もっと古いものだと表紙が赤いんですよね!あれ?違った?

一般的には Second Study をやるもんですが、もちろんすべてのページ、
1から10までありますが、すべておススメです!
(10はまあやってもやらなくても…と個人的には思うのですが)

Third Study を(めんどくさがりのわりには)やっていまして
いまのところ中音域を中心に取り組み中。
かなりゆっくり、音のブレがあるかないかを聴くように。

ゆっくりのスラーって意外に難しいものです。
音のガタツキが目立ちますので、あくまでもまっすぐ吹きましょう。

クラークって指の練習のイメージがありますが
息の流れを確認すること と 唇のしなやかさを保つこと
という、指以外にも有益な練習本だと思います^^

これをやったあとに「ベニスの謝肉祭」など練習してみると
驚くほどさらりと吹ける!ような感じになります。

クソ練習は、集中すればするほど時間があっという間に過ぎていきます。

せっかくやる気が出てきた秋なので、意欲的にクソ練習をやっていこうと思います。笑

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

タグ : トランペット

[ 2014/09/21 15:17 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)

ドイツ語の勉強。

ハロルドです。

ドイツに住んでもう6年が経ってしまいました。

住んで一年後、2009年にロストック音大に入学したわけですが、語学はイマイチ伸びず。
(わたしが入学したときは語学試験はありませんでした)
私自身が若い世代とあまり話したくなかった時期、というものが二年ほど存在し、
それは確実にドイツ語との壁を作った時期でもありました。

今もあんまり変わらんかな、と半分開き直り!なわけですが。
でもやっぱりもっといろいろ話したい。

開き直り、のほうがいろいろ上手くいくことが多いかと思います。

2011年9月から近郊の街で金管楽器の先生をはじめて
もちろんドイツ語必須ですから、一年くらいは毎回死ぬほど疲れていました。
子供の言っていることがわからない。。。
同僚の言っていることがわからない。。。
これはもうどこへも行けない状態、とりあえずニコニコして「Ja」とだけいつも言う。

そんな状態から打開したいとはいつも考えていたけど、どうすればいいかわからない。
語学学校へ行きたいけれど、万年貧乏留学生なのでそのお金もない。苦笑

2012年ごろはまだぼやぼやしていましたが
なんとなく今年に入ったごろから伸びたというか...
先にも書いたような「開き直り精神」はわたしにとってプラスになり
そして語学にも意欲的に再び向き直るようにもなりました。

とにかく、なんでもいいから言葉を発する。
間違っても恥ずかしがらずに何度でも伝える努力をする。
言葉だけでなく精神的にも鍛えられる気がしますw

最近ではオトナと話すよりもコドモと話すほうがだんだんラクになってきました。笑
コドモは白黒はっきりしていてよいです。

ドイツ語はゼロからでも大丈夫です(はっきり)。
むしろ知識を入れてないほうが上達が早いかも。
わたしは文法至上主義だったため(日本の教育の賜物)
ウサギとカメ、のウサギになってしまいましたw

実は2015年内を目標に、ドイツ語試験を受験しようと思っています。
いままで持っていなくてもよかったのですが、やはりドイツで働いているので
そういった証明書を持っているほうが物事が進みやすいようで。

勉強するのも目標を掲げれば苦にはならないだろう、ということで
スキマ時間を見つけてこつこつ始めようかな。

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

タグ : ドイツ語

[ 2014/09/15 15:46 ] ドイツ あれこれ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。