非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピッコロトランペットのシャンク。2


三度目の正直。

こちらが正しい商品になります
IMG_0241.jpg

トランペット用マウスピースを入れてみる
IMG_0240.jpg

コルネット用はゆるゆるなのです(わかりづらいけども)
IMG_0242.jpg

右:トランペット用シャンク
左:コルネット用シャンク
IMG_0243.jpg
どちらもA管なので、差込口(写真上部)が長めになっています。

参考比較写真
IMG_0244.jpg


ピッコロに装着(トランペットシャンク・A管)
IMG_0245.jpg

コルネットシャンク・付属品のB/A管
IMG_0246.jpg

見た目が明らかに違いますね。

ひと苦労でしたが、ようやく練習できて満足しています!
トランペットシャンクでの吹奏感や音程のことは近々記事にしたいと思います。

スポンサーサイト
関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2015/11/15 16:56 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)

ピッコロトランペットのシャンク。1


シルキーのピッコロトランペットの替え管を購入したのですが
紆余曲折あって二週間ほどしてからようやく届きました。

重複しますがもう一度書きます。

Thomann.de というオンライン楽器店(店舗は南ドイツにあります^^)で
「シルキー・ピッコロTp用・A管・トランペットシャンク
というものを注文したのですが
入金して二日後に届いた品物が
「シルキー・ピッコロTp用・A管・コルネットシャンク
というものだったので、サービスセンターに電話しまして
金管楽器専用ダイヤルにまで回してもらい、交換希望の旨を伝えました。

間違った品物はすぐに返送手続きをしたのですが
それから一週間さっぱり音沙汰がなかったので、シビレを切らして電話したら
なんだか話が通ってなかった様子。。。

向こうの言い分は
そもそもシルキーにはトランペットシャンクはないのだ」というもので
しかしこっちも下調べは充分したうえで注文してますので
(外国人だと思ってなめてんのかな?と思っちゃう。。。)
「じゃあまた送るからちゃんと試してくださいね」とか言われた。

そしてまた二日後に届いたものは、わたしが返送したものだった!笑笑笑

こちらがコルネットシャンク、正規品
IMG_0226.jpg IMG_0227.jpg

トランペットのマウスピースはもちろん入らないwww
IMG_0228.jpg IMG_0229.jpg

最初に届いたときに試してるから返送したのに
もう一度試してみろとかなんなんだ。。。
なので証拠写真を撮っておきましたwww

いや、コレ(A管・コルネットシャンク)欲しい人だっているから別にいいけど
わたしが注文した品物と違ってるじゃないか・・・!
正確に言うと、注文番号は合ってたのですが、たまたま中身が違っていた、
ということだと思います。いわゆる梱包ミスです。

しょうがないので、わたしよりはるかにドイツ語で抗議の出来る同居人に
お願いして電話してもらいました。
けっこう長いこと話していたのですが、なんとか話が通じてきちんとしたものを
再発送してもらえることになりました。
そして両方を比べてみて片方返品してくれればよい、ということに。
(いや、比べるまでもないのですよホントは!)

そして三度目の正直で、正しい商品が発送されましたーーー!

続きは次の投稿で。
関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2015/11/15 16:15 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)

レッスンとオペラ。


10月終わりの週は秋休みでしたー。
今年は、音楽学校恒例の秋休み演奏旅行がなかったので
けっこうまるっと休みだったはずなのですが
同居人がロストックのオケのトラに行ったりで(いいなあ)
毎日どこかしら移動していた一週間でした。

一日だけだったけど、ベルリンにレッスンを受けにも行ってきました。
同居人と車で行ってみたのですが、たっぷり三時間の距離。。。
(免許持ってるけどわたしはドイツでは運転しません)
朝11時ごろ出発して14時過ぎにベルリン到着。
アウアーバッハ氏のレッスンを受けたあと
ベルリン歌劇場のトスカのチケットをもらって、久々にオペラ聴きました!
(遠くから来たからと言って、プレゼントしてくれました^^)
トスカは初めて観たのですが、えらい感動しました。
ソリストもオケも歌劇場も(シラーテアター)すべてが上手いですね。。。
演出は2014年に新しくなったバージョンで、全体的に楽しめましたー。

ちなみにラッパは
1.Mathias Mueller
2.Alper Coker (研修生)
3.Rainer Auerbach
という組み合わせ。

ミュラー氏はまだ28歳くらいだったと思うのですが、ありえないオーラ。
もう完全に世慣れというか。。。まあ慣れまくってますねwww
20歳でハンブルグのソロトランペット吹いてたくらいだし。。。
三番は安定のライナーでしたので、いい組み合わせだったと。
あとは、トロンボーンが全員バルブトロンボーンでした。
イタリアものだとそうするのかな。

オペラの後はまた車で三時間かけて帰宅。
23時くらいにベルリンを出てゆっくり帰ったので
午前2時くらいに到着したと思われます(眠かったので)。

今年はけっこう安定して練習している、と自負しているのですが
やはりレッスンを受けるとさらにモチベーションが上がりますね!
質の高い演奏を聴くのも久々だったので、刺激になりました。

田舎に住んでアマチュアのレッスンをしたりという毎日だと
自分自身のモチベーションの保ちかたは超命題なんですけど
もっと頻繁に近くのオケに足を運ぼうと思い直しました。
(ロストック、シュベリン、リューベック、ハンブルクなどが近い)

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2015/11/06 12:35 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。