非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドイツ国際空港での税関対策(楽器携帯者のために)


ちょっとだけ春っぽい兆しの見えてきた北ドイツです、こんにちは。

今回は、兼ねてより危惧していた
不安要素たっぷりなドイツの空港の税関通過
についてメモしておくことにしました。

はじめてドイツに入国してからずっと何の疑問もなく楽器とともに
日本-ドイツ間を往復していましたが、2013年のフランクフルト国際空港での
ヴァイオリン押収事件などがあり、一時帰国の際の楽器の持込などについて
いろいろ調べました。

でも本当に疑問だったのは ドイツ-日本-ドイツ の往復。
仕事滞在ビザでEU圏内に住んでいる扱いなので、物品をまた持ち帰るわけで。
もうすでに持ち込んでいる楽器はしょうがないのですが、ドイツで購入した楽器は
伝票も手元にあるのでそれを見せればいいらしい。
自分で書類リスト(英語も可)を作成して税関で見せるのも有効だとか。
重要なのは、商用でないということを証明できるかどうか、だと思います。

わたしは€400以上の持ち出す物品(たとえばPC、カメラ、ケータイ、楽器など)を
リストに書き出したものと、ドイツの税関サイトでDLしたフォーミュラ↓を携帯しました。

Vereinfachte Nämlichkeitsbescheinigung im Reiseverkehr
(税関の同品証明書)

コレ↑で検索すると Zollamt のサイトがトップに出ます。
そこで0330というフォーミュラがあるので簡単にDLできます。

IMG_3386 moza_R
・出国する日
・名前と住所
・持ち出す物品(これは空港税関で監視下のもと、書きました)
 楽器のシリアルナンバーや伝票が必要になります。
 わたしはピッコロの伝票を持っていなかったので、シリアルナンバーを書きました。

IMG_3387 moza_R
・ドイツに帰国する日
・出発または到着するドイツの都市
・Nämlichkeitssicherung(同一である物の保障)
 ここではトランペット2本のこと
・書類の有効期限(税関が記入)
 その下に日付入りのスタンプを押してもらえます。


これは先日の一時帰国の際に書いたもの。
ハンブルグ国際空港にはチェックインカウンターのある階に税関があり
そこでこの紙を見せて説明したらあっさりスタンプを押してもらえました。
注意点は自分用と税関用の二枚を必ず持参すること。

この紙を携帯していればとりあえず心配ごとはほぼなくなるはず。
ドイツ到着のときも緑のゲート通過でかまわない、との返事をもらいました。
(証明できるなにかしらがあれば緑ゲート通過は可能なんだろうか?)

2015年の夏に一時帰国した際はそれこそフランクフルト発着だったのですが
ドイツに到着したときの税関はだーれもいませんでしたwwwなんでwww

余談ですけど、そのフランクフルトから出発するときの手荷物チェックで
電子辞書が引っ掛かったんですよ。別室に連れて行かれて
「これはナニ?」とか聞かれたんですけど、なんで引っ掛かったのかと聞いたら
乾電池が反応したらしいんです。前日にエ○ループをフル充電したのが悪かった。。。

まあなんでもそうなんですけど、不安要素はできるだけ取り除いたほうが
快適な旅ができるかと思いまっす。
これでドイツの空港税関怖くない!

スポンサーサイト
関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

タグ : ドイツ 税関

[ 2016/04/29 20:04 ] 旅行 行きました | TB(0) | CM(0)

モチベーション。


まだ北ドイツは冬のようですこんにちは。

もう四月だというのに、みぞれやらひょうやら降ってます。
それでも太陽がちょっと出てくると半袖着るってどういうこと?笑
いや~寒いね、なんて生徒に聞いても「そうかな?」とかいう返事。。。
ドイツ人になるのは難しい。笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本で感化されたというか大きく影響を与えられたのは
プロアマ問わずのモチベーションの高さでした。
ドイツで暮らしているけれど、コンスタントなオケの仕事があるわけでもなく
日々教える仕事なので、モチベーションを維持するのは自分次第。
でも日本のひとびとは「音楽すき!」と思ってやっているひとも多いはずで
そのやる気の高さなりはわたしにとって驚きであるのです。笑

そんなわけで、演奏会が終わってから練習熱が再びむくむく。

そして好不調を繰り返すわたしの身体(というか上半身かね)に鞭を打ち
再び基礎練習に精を出し始めました(遅

結局変化を起こせるのは自分自身でしかない。
他人から影響を受けても実行しなければ変化は起きない。

至って普通、特別なことなどしなくても意識次第でどうにでもなる。

こうやって高低の激しい波に乗りながら(いやホントに。。。汗)
楽器に対して仲良くありたいし一喜一憂を繰り返すのですよ。。。

人間の男女カンケイのほうがよっぽどマシだわ!

というわけで、来週末に教会でコンサートがあり
(これマジで超ありえない全然準備できてない知ったの一週間前だし)
全部で四曲吹くことになったのでそれこそ練習せなあかんです。

でも教会でオルガンとやるのは楽しい。
そこだよなあ。
だからいつまで経ってもやめられないんだなあ。

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2016/04/26 10:49 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

春の一時帰国。


しばらく更新を怠っていたハロルドです、こんにちは。

3月の22日~4月4日まで、春の日本一時帰国をしてきました。
残念ながら成田に降りついた日以外は寒の戻りとかでかなり寒かったですw
桜もなかなか満開にありつけず、ドイツに戻ってきた週に満開だったのかなと。

IMG_0639.jpg
土浦は亀城公園の桜。曇り空で残念。

2015年の夏の一時帰国からわずか半年、こんなスパンで帰ってきたのは
2009年以来で、帰国すること自体をためらっていましたが結果的には
帰ってきてよかった、のひと言に尽きます。

理由はごく単純で、地元・茨城で通っていた土浦第二高校吹奏楽部の
定期演奏会でOBOGジョイントコンサートをすることになったのでぜひ
出演して欲しい、との依頼によって。
ソロでもないしましてや仕事でもない。
でもそれには替えられないものもある、と思うのです。

一緒に演奏したのは創部当時の先輩から高校生までの約90名。
知ってる代も知らない代もみんな一緒。
それでも音楽は一体感を産み出せるもので、やっぱりおもしろい。

IMG_0701.jpg
本番前日のホール練。上から見れるのはトランペットの特権。

吹奏楽はホントにいまでも大好きで、今回久しぶりにそのサウンドに
身を置いてみると、やっぱりドイツとは全然違う、日本ならではの感覚。
できることならまたやりたい。

吹奏楽部の常任指揮者は高校・専門学校の後輩で、地元でがんばって
フリーで活動していて、今回は彼女の大きな成長に刺激を受けました。
わたしはフリーになって三年後にドイツに渡ったけれど、多くのフリー奏者は
東京近郊または地元で活動を続けているわけで、わたしもドイツに行かなかったら
地元に残っていられただろうか、などとぐるぐる考えたりもしてたわけで。
まあそんなのは「たら・れば」でしかないお話。

実家ではあいかわらずの自分の部屋の断捨離。
帰国するたびにやっているけれど、まだまだある。
毎回納得してドイツに戻ってくるけど、また日本に行けばやるだろうな。
関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2016/04/17 17:57 ] @じゃぱん | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。