非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

室内楽コンサート in Rostock, Universitaetskirche


1月21日(土)
ロストック総合大学で室内楽コンサートがあり、
ソリスト…笑 としてジャン・フランセの「陽気なパリ Le gay Paris」を演奏してきました。

2015年10月にやる予定だったこの曲
先方の都合でこのときは無くなってしまったのですが
今回は室内楽プログラムなので是非もう一度考えてほしい、
との申し出があったので、演奏させてもらうことにしました。

たまに書いているのですが
コンスタントな練習時間を確保するということがけっこう難しくなってきたので
耐久力や精神力について不安になってしまうんです。
でも、断ったらラクだな…と逃げを考えるよりも
やるだけやってみようと思うことによって自然に練習時間を取ることができ、
結果としては引き受けてよかった…と思えました。


1月に入ってすぐ心を決め、何をおいても練習を最優先させた三週間でした。
(12月にオファーをもらったけれど、12月は予定がありすぎて限りなく放置)


本番までの三週間は、意外に長く感じました。
曲はもう頭に入っていたので心配することはなかったのですが
やはり10分弱休みのない曲を吹き通す耐久力に、直前まで不安が残りました。

東西問わず、30代でちょっとしたソロをやるのに抵抗ない奏者がほとんどかと思いますが
私の場合、緊張による無意識に力の入った演奏をすることにより、
顎関節症またはそれに付随する身体や筋肉のバランスが崩れやすくなることの再発を
恐れているところがあるので、お金をもらう本番はちょっと大変なところがあります。
(言い訳な気もするし、そうでもない気もする)

そういった内なる不安を払拭するのは練習あるのみだと思いますし
間違った練習をしないように、ということには自分なりの注意を払いました。
(これは結局自分自身の不調に繋がるので…)


10日前に初合わせ、1日前にGP、本番当日という流れで
自分の足りていないところに新たに気づくことができました。

音楽に対する積極性と自分を信じること

こんな単純なことをいつも忘れてしまうのです 笑


09625730b9.jpg

演奏直後、カメラマンに満面の笑みを提供してみましたw


そういえば、久しぶりにC管と付き合った三週間でした←
ほぼ毎日C管だったのはおもしろかったです。
やっぱりBACHの音色は好きだ!と感じました。

気にしていた音程、これに関しては今まで散々頭を悩ませてきたはずなのに
今回はほぼ気にならなくなったのが大きな収穫…!
たぶんほかの事に気を取られていたからかな?


いい経験になった三週間でした。
30代、まだまだ精進あるのみ、ですね←

スポンサーサイト
関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2017/01/27 11:24 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)

新年のご挨拶。


2017年/平成29年

明けましておめでとうございます。

今年も皆様にとって良い年でありますよう。


IMG_4250_2017.jpg



ドイツではすでに2日から仕事始めだったらしいので
(音楽学校は3日の火曜日からでした)
正月気分はとっくに過ぎ去ってしまいましたw

昨年実行できなかった ドイツ語の試験
今年こそは実現させるべく、さっそく勉強を始めています。

気持ちが昂ぶりすぎて尻すぼみになりませんように・・・w

目指すは B1 (中級)です。
これを取得できればビザの更新時に何も言われないはず!

居住年数ばっかり経ってしまいましたが、勉強しないと受からない。。。
しかもしっかり確実にしていかないといけない。。。

まあ勉強した結果、会話能力も向上していけたらいいなと。

当面の目標は、これでいきます。


ちなみに、画像は夏に行ったロンドンはビッグベンとロンドンアイ(大観覧車)
にしてみました。
懐かしいなーまた行きたいです。


今年もどうぞよろしくお願いします!!

関連記事

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2017/01/06 12:57 ] 日常 | TB(0) | CM(0)