非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ich bin nach Berlin zurueckgekommen.


ハロルドです。

夜のフライトでドイツはベルリンに帰ってきました。
帰ってきた、と言うほうが正しい気がする。
やっとそう言えるようになったわけです。
ドイツで暮らした一年はそういう一年だったと。

日本滞在は、ある意味非現実だった。
日本はもちろん「帰る場所」のひとつであるわけだけど。

まぁ、言葉遊び。
自分が思うことがいちばん正しいと思っています。
傲慢なのかしら。ふむ。



物事は絶対性の上で成り立つのでしょうか。
そう考えるヒトもいるんだろうな。

わたしは必然性だと考えているヒトで。
トランペットをはじめたコトさえも、必然性。
だからいま、ここにいる、存在している、と考える。
必然性によって。

そう考えると、自分のしているコトは間違っていないと認識できる。
振り返っている時間はないけど、いつもそう思えば、自ずと道は拓かれる、ような。



一時帰国してよかったコトは、そう考えるコトができたコト。
たくさんの友達に会って、話して、笑って。

あぁぁぁ、がんばる。
自分に負けないようにがんばる。

今日もひとりごとでした。


クリック↓
rank_005.gif

くりっく↓



関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/03/22 17:10 ] @べるりん | TB(0) | CM(3)
行き当たりばったりでしょう。
自分が(予め)望んだ人生を送れる人はとても少ないと思います。

ほとんどの人は途中で紆余曲折して、
遠回りしたり、幸運だと思ったり

そんな人生を送ると思います。

私も振り返ってみると、若いときには想像も出来なかった人生を送ってきました。

悪く考えれば暗くなります。
でも、よく考えてみれば、友達は決して経験できない沢山の事が出来たと思います。

良い人生だったかどうかは、
この世に別れを告げるときに決まると思います。

そのときまでに沢山のことをして、沢山の思い出を作ってください。
[ 2009/03/22 10:27 ] [ 編集 ]
やなぎさま
>自分が(予め)望んだ人生を送れる人はとても少ないと思います。
そう思うし、自分はどうなんだろうとたまに考えています。
でもきっと、音楽を続けられているコト自体が幸運なコトなんでしょう。

いま分岐点に立って、ようやく道を見つけるコトができて、迷っている暇はないんだなぁと実感しています。
いい人生だったと思えるような生き方をしてみたいものです。
[ 2009/03/23 09:43 ] [ 編集 ]
いい人生を送れますよ
どんな人生でも、自分の意思で未来を選択できれば。

自分の意思なら他人のせいにできない。
だから他人を恨まなくて済む。

うまくいったとしても、他人に恩を着せられることはない。

だから私は他人のアドバイスは参考にすることはあっても、全て従うことはない。

その結果失敗したとしても、
自分だから失敗できたんだということを喜びます。

自分のシナリオで生きて来れたことが一番の幸せです。

迷わず没頭できるのが一番幸せ。

気が付いたら
「あ、いつも間にかこんなところに来ていた」
「いつの間にか、常勤になっていた」

そんな日が来るでしょう。

迷いは出来なかったときの言い訳を作っている気がします。

自分の意思で進もうとしている。
その運命に委ねてください。
[ 2009/03/29 02:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。