非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Das Vorspiel.



ハロルドです。

6月のオーケストラ演奏会が終わった後は、Vorspiel(Vorstellung)という、金管楽器専攻生の発表会がありました。
Vorspielは24日で、それに合格すると、28日のKonzertで演奏できるというものでした。

Vorspielという言葉はいろんな訳し方があるのですが(たぶん・・・)、今回は「発表会」的な使い方にしておきます。

ロストック音大の金管楽器主任は、生真面目なホルンのW先生。
(いかにもドイツ人!的な)
W先生はマメなので、なにか催しがあるといつも貼り紙によって告知してくれます。
VorspielとKonzertは、“1ゼメスターに2回ずつ”あるようです。
そして、「少なくとも一回は吹けよ、お前ら」みたいなことが書いてあります。

わたしは4月にあったことを知らなかったので、置いてきぼりでしたが・・・(´-ω-)

でもね、今回はそのために曲を用意しておりましたよ!!!!
だって、わたしのロストックでのソロデビュー☆ですもの。
ちなみに曲は
W.Brandt : Zweite Konzertstueck
を吹いてきました。

ガラにもなく、緊張してしまった・・・(´・ω・`)

という失態でしたが(よくわからん)、人前で演奏する機会があってよかったです。
W先生からは「音がキレイデシタ」という褒め言葉を頂き、まずまずの感触。
(もちろん注意点も言われましたよ)
何人かの友達もよかったよ~と言ってくれました。
まぁ良くなかったところも自覚しているので、これからの練習につなげていきます。

で、残念ながらKonzertには出演できませんでしたorz

というお話。
実は、Vorspielの後、とある場所に行ってきたのです。

これはまた次回の記事につなげます。


banner_21.gif


↑くりっくクリック☆

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/07/11 05:42 ] @ろすとっく | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。