非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Die Sprachwissenschaft

Ich interessiere mich Für Sprachwissenschaft.
言語学に興味があります。
ドイツ語を勉強しているからでしょうか。

「ネイティヴの無意識な語尾変化」が難しい。

話せるほうがいいのか?
文法がわかるほうがいいのか?
というところにまだ迷いが・・・汗

言語学にはほど遠いわけですが
「言葉を観察する」ことがおもしろい。
そんなレベルでどうする・・・汗


音楽ブログへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/07/22 05:47 ] @べるりん | TB(0) | CM(1)
生まれたばかりの赤ちゃんは
言語学など何も知らない赤ちゃんが、
お母さんから話しかけられて言語を習得していきます。

母国語:mother tongue:母の舌

お母さんから沢山の言葉の「正解パターン」を教えられる。

あるものを見て、聞いて、感じて。
それとと同時にお母さんの声が聞こえる。


そうやって沢山の言葉や表現を覚えて、いつの間にか文法の感覚が芽生えてくる。

言われなくても
「こんな言い方って変だよね」
とか、
「そうそう、そういう言い方だとすっきりするね」
とか。

言語ってそんなものだから、正しいドイツ語を沢山聞いてください。

文法の勉強なんてしなくていいから、沢山の正しいドイツ語の本を読んでください。

そうすれば頭の中で自然に格変化や用法が出来てくると思う。

言語は居るだけで自然に習得できるものです。


[ 2008/08/11 00:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。