非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Vordiplom】Pflichtfach Klavier

ハロルドです。

しばらく間があいてしまい、あやうくトップに広告が表示されてしまうところでしたw

ロストック音大は、今週月曜日から春休みに入っています。
そんな状況なのに、わたしは試験、試験、試験っ 汗

春休み初日の月曜日、副科ピアノの試験でした。
ピアノを弾くのは趣味として大好きだけど、さすがにきちんとレッスンを受けたのは
久々の感覚だったので、なかなかめんどくさい二年間でした 笑

試験自体はいたって普通。
それぞれ違う時代の楽曲を3曲、15分。
ちなみにわたしが選曲したものは

・Haydn:Sonata Nr.42 G-Dur
・Schubert:Impromptus D935 As-Dur
・Kabalevsky:Sonatine Nr.2 Op.13 g-Moll


難易度も高くなく、練習しやすいものでまとめました。

当日、試験の部屋の前で呼ばれるまで待ち、自己紹介と演奏する曲を言って弾きはじめます。
全曲終わったあと、試験官に外で待っているように言われます。
そして、ものの二、三分で講評と結果が伝えられます。

結果は納得のいかないものでしたが(ミスがいくつかあったし)
まぁ、ぐちぐち言ってもしょうがないですからね。
個人的には、副科なりにがんばったと思っています。

二年間副科の担当をしてくれていた先生は
「もし君のやる気があればレッスン続けるかい?」
なんて聞いてくれましたが

申し訳ないけど、もういいです。笑

ピアノは気分転換になるけれど、レッスンのために練習するのはちょっとね。

さてさて、来週はようやくトランペットの試験です。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

タグ : ロストック

[ 2011/02/19 07:52 ] ディプロム取得試験 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。