非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

【Vordiplom】Hauptfach Trompete

ハロルドです。

先週水曜日、ようやく Vordiplomprüfung が終わりました~(^з^)

もう学期も終了しているので、なんとなくモチベーションが下がり気味だったのは否めません。。。
が、なんとか持ちこたえたかな?って感じ。
点数自体は良かったと思うんですけど、やっぱりもうそんなことで一喜一憂してられないですね。
というのは、自分自身の演奏状態があまり良いとは思えなかったから。
正直、普段の金管コンサートより緊張したかも。自分の先生や仲間に聞かれることに緊張するタイプなもので。

まぁ、出だしから「あれ?」とか「やっぱり?」と思ってしまうのは怖い。今回の自分の場合は、
アパチュアがやや開き気味だったと記憶しています。なので、全部吹ききれるかなという不安が
始めからあったということ。結果的に吹ききれてはいるんだけど、不安を持ったままの演奏は
もうやりたくないなぁと思いました。いつもだったら「いろいろあったけど楽しかったです!」
とか言えたりするんですけど、今回は終始そう思えなかった。ふぅむ、考え所またひとつ。

そもそも本番の日のコンディション、というのは誰もがそれぞれのやり方を持っているんですよね。
著名な奏者のやり方や若手演奏者のブログなど、いろいろ見たり聞いたりしていますが、わたしが
実践しているのはもっぱら「音出しをしたらできるだけ楽器にさわらない」ということ。
これは夏ごろからやっているので、実はまだまだ完全に習得できていないんだけど。

そうそう、今回のコンディションに関して、わたしは当日以前の問題でした(爆
こんなところに書くのも言い訳がましいかなと思いつつ記しておきます。
試験二日くらい前にいきなりオケスタをさらいだした。それだけ。

オケスタはあまり問題も不安もなかったのでのんびり少しずつさらっていました。
それなのになんだかいきなり オケスタだけ吹きまくった日 があったんです。
それがもとで、唇が少し腫れていたのが要因だと思われ。

なので、試験当日は音だし以降試験時間まで休んでいたんですけど、
個人的には納得のいかない演奏だったと思った次第です。
先生方はとても良かった、と言ってくれたんですが。
録音もあとで聴いたら自分で思っていたほど悪くはなかった←ちょっとウケるw
コンディションを生かすも殺すもホントに自分次第だよなぁ、と思った一件でした。

もうわたしもいい年だし(爆)いちいちこんなことではいけないと思うので
また今日から練習の日々です。
とりあえず、二年経ったという節目の試験が終わったので、気持ち新たに精進していきます。

試験のために作ったプログラム(クリックするとはっきり見れます)
R0018152.jpg

大好きなわたしの先生たち
R0018201.jpg

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

タグ : ロストック トランペット Vordiplom

[ 2011/02/27 22:13 ] ディプロム取得試験 | TB(0) | CM(4)
Friedman
そうか。前期試験で叫んだか、、、
この曲、ベルリン大聖堂で演奏した事あるよ。





2回もv-40

ベルリン大聖堂で叫んだ日本人トランペッターは、そんなに沢山いないだろうv-270
[ 2011/03/05 04:13 ] [ 編集 ]
四本さん
叫びは 恥ずかしくて できませんでした・・・苦笑

ベルリナードームで演奏したんですか!?
さーし!
わたしも吹いてみたいです。
[ 2011/03/05 13:06 ] [ 編集 ]
プログラムおしゃれジャン!!
[ 2011/03/06 03:52 ] [ 編集 ]
らっぱ@たかさん
あざーっす!
これは、学校で配布されているテンプレを使用したものです。
書くだけで簡単にできちゃいました☆
[ 2011/03/07 15:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する