非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地震について思うこと@ドイツ


ハロルドです。

東日本大震災(注:通称であって正式名称ではありません)において
被災されている日本人の方々に対して、非常に心が潰される思いです。

週末からニュースを見続けて、もうたくさんだと思いました。
見て情報を仕入れるだけで、こちらからは何もできない。

わたしがやっていることは Twitter を使って有益だと思える情報を RT すること。
もちろん、ツイートする際には吟味し、感情だけでむやみに発信しないようにしています。
わたしは茨城出身で友人や知り合いも多いので、現地の声がわたしにも Twitter で直に届きます。
地域的になるべく茨城県に関することをツイート中。
残念ながら報道からも除かれている地域のようで、支援物資や情報が届きにくいようです。

他の方も書かれていますが、チェーンメールでもツイートでもすぐに転送しないこと。
大災害時には流言が増長し、人々の混乱をより招きます。
自分の頭を使って確かな情報をしっかり伝えること
が何よりも大事です。



昨日、ベルリンにコンサートを聴きに行ってきました。
わたしのトランペットの先生が Hummel の Concerto を演奏しました。
演奏会が始まるときにコンマスが立ち上がり、日本の大地震について少し話したあと
全員で黙祷をしました。
一分間という短い時間で、会場に来ていた聴衆が何を思って祈ったのかは
わたしにはもちろん計り知れません。
しかし、この遠いドイツでも日本を想って憂い悲しむ人々がたくさんいることに感謝。

コンチェルトを吹き終わったあとのアンコール。
「さくらさくら」でした。
先生は日本に何度も行っているし、日本がほんとうに大好きなのです。
今回の地震に関しても、わたしに何度も「キミの家族が無事でよかった」と言ってくれました。
心配してくれる人が身近にいるということは、しあわせなことだと思いました。



こちらロストックでは、チャリティーコンサートを開催しようという話になっています。
ロストックだけでなく、ベルリンや他の地域でもそういった話が持ち上がっています。
ヨーロッパ中の日本人がそれぞれの都市で支援コンサートを企画するようです。

海外に在住されている日本人ができることは、被災地に対する募金活動です。
このような情報も、mixi や Facebook で簡単に見ることができますので
興味があれば参加・意思表明などしてみてはどうでしょうか(海外在住者向け発言)。
ちなみにこういった場合、Twitter は役に立たないと思われます。

日本のみなさん、犯罪なども増えているそうなので、今後の動きには引き続き注意してください。

関連記事
スポンサーサイト
コンサートの話を読んで、涙でました。気にかけてくれてる人がいることは有難いですよね><。
[ 2011/03/15 08:23 ] [ 編集 ]
おれんじきゃんでぃさん
コメントありがと!
先生のあたたかい言葉、こころに沁みました。

日本の現状はひどくなる一方だけど、悲観しすぎないようにしましょう!
[ 2011/03/16 12:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。