非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

作曲家に翻弄される演奏者。

ハロルドです。

作曲科の演奏会が月曜日にあるので、それにかりだされています。

編成はごく普通の金管五重奏ですが、内容がやぱーり ゲ ン ダ イ オ ン ガ ク
演奏するのキライじゃないけど。
特殊奏法はやめてほしいです(爆

特殊奏法って言うほどのものじゃないかもしれませんが、楽器に対してできるかできないか、
というのをもうすこーし考えてほしいんですよねー>作曲者

わたしはトランペットの譜面をもらったとき、音域はまったく問題ないじゃん、と
タカをくくっていたんですけども。
すべて倍音で演奏してください という注釈が。
できないよ、というか、正直意味がわからなかったので、本人に話を聞いたら

B♭管をのチューニングスライドを抜いて A管にして、左手のスライドも抜いて、ピストンを
全部押したまま、でできるよね?
とか言われて。

音は彼の意図している通りにでるんですけどね。
彼の構想譜を見たら、理屈ではそうなるんですけどね。
なんせ、管を最大限に抜いているから
正直、キツイよ!!!!!!(´;ω;`)ブワッ

愚痴やら疲労感がたまっていましたが、これも月曜で終わり。
アンサンブルも楽しいけど、たまにはオケで吹きたいなりー(´-ω-`)

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/05/06 16:39 ] @ろすとっく | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する