非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

教授陣の前で演奏をする。

ハロルドです。

土曜日に、大学から支給される奨学金の Vorspiel をしてきました。

去年申し込んだときは書類選考落ちだったように記憶していますが、
今回は申し込んだ人がほとんど受験できたようです。

規定は、一人15分のプログラムを演奏する、それだけ。

朝9時からスタートで、終了時間は18時くらいだったのかな。長っ( ̄△ ̄)/~~~

わたしは16時半からでした。

10分ほど押していたので、待ってるときはけっこう緊張してました。

コンサートだったら待ち時間も楽しめるけど、選考会となるとまったく違います。。。

次の人どうぞ、と言われホールに入り、ざっと見回すと大学内での教授陣ばかり。

8~10人くらいいたみたいです。

半分くらいは顔見知りの先生方だったので、ちょっと安心。

自己紹介と演奏する曲名を口頭で伝え、すぐ演奏。

結果は一週間後に郵送だそうです。

すべての学科(ロストック音大は Schauspiel(俳優科)もある)とすべての楽器が混ざった
選考会において、金管楽器というものは多少不利な感じが否めませんが。

願うなら選ばれたいものですねぇ(´・ω・`)

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/05/08 22:16 ] @ろすとっく | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。