非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

夏目漱石の”こころ”。

ハロルドです。

先週末は運よくビッグバンドでエキストラとして演奏してきました(`・ω・´)
日本にいたときはバンド活動もしてたものですが、ドイツに来てからは
めっきりクラシック一辺倒な生活だったので、新鮮でした。

一番ラッパを吹いていたのがベルリンから来ていたエキストラで
イケメン☆キラキラ王子」と勝手にあだ名をつけました。
かっこよかったんですよ 笑
アドリブもすごく上手かった。


そんなこんなで(どんな?)今週はロストック音大入学試験週間です。
練習室が取れない、悪魔の週間です。

ちょくちょく書いているとおり、私自身すこぶる調子がいいわけでもないのであんまり問題はなく。
練習に行くというより、自宅待機&来る試験のための勉強、という感じです。

家にいるのでネットを必然的に多用します(ただのネットサーフィン)。
あ、でも本もあいかわらず読んでますぉ。


今週から夏目漱石の「こゝろ」を読み始めました。
中学生のころに「我輩は猫である」を読破できなかった身としては不安もありましたが
意外にすいすい読めてうれしい限りです。
そんだけオトナになってきた、ということで。笑

こころ (新潮文庫)こころ (新潮文庫)
(2004/03)
夏目 漱石

商品詳細を見る


死を選ぶことは難しい、そして死なずに生き続けることもまた難しい。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/06/22 16:21 ] 本 読みました | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する