非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Meisterklasse von Bo Nilsson.1

ハロルドです。

10月18日~21日まで、ロストック音大でマスタークラスがありました。
昨年も同じ時期にマスタークラスを行い、先生がまた来てくださるということで、
今年も実現しました!

screenshot22.jpg
(Bo Nilsson についてはこちらのリンクを参照のこと)

今回は Bo Nilsson だけの4日間超集中レッスン。
わたしも運良く四回もレッスンの時間を取ることができ、充実した日々でした。

教育者として何人ものトランペット奏者を輩出し、自身もスウェーデンのオーケストラで
30年間も演奏活動を行っていたという、かなりのレア先生です。
もちろん厳しいことでも有名ですが、本当に的確な指示を個人に与えてくれます。

初回は朝9時にウォーミングアップを一緒にやってもらいました。
まずはマウスピースだけで音階をどんどん上方にのばしていきます。
マウスピースだけで高音まで吹くのは難しいんですけど、毎日やっていれば
難なくクリアできるかな、という感触。
自分がマウスピースの練習を相当サボっていたのかが丸わかりで
かなり恥ずかしくなりました。。。

そのあとは楽器をつけて簡単な音階練習、いつも音は上方にのばしていきます。
そして、クラーク教則本。
screenshot23.jpg

先生はこの本をはじめ、基礎的な教則本をすべて クソ練習 と申しておりました 笑
音楽家はこのクソ練習を毎日当たり前のようにするものだ、それが人生なんだ
というのが彼の持論でした。
ムノツィル・ブラスのトーマスだって、モーリス・アンドレだって、みんな優れた音楽家はこのクソ練習を
やってきたから(いまでもやり続けているから)優れた音楽家なんだ、と。

いろいろ気づかされたことがたくさんあって、基礎を一緒にやり直しただけでも自分の意識が
変わったような、そんな感覚でした。

先生は御年70歳ですが、いまでも朝6時に起床して練習をしているそうです。
マルメ(スウェーデン)でのトランペットの生徒が朝7時に学校にいないと、そうとうキレるらしい。
(わたしは早起きに慣れていなかったので、マスタークラス中は朝8時に学校へ行きましたが)

次回はハイドンのレッスンについて書きます。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/10/22 13:34 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(4)
最近、クラークやっていなかったので明日より練習メニューにいれます!
万歳、クソ練習ww
[ 2011/10/24 17:12 ] [ 編集 ]
勉強になります
クソ練習、ツボでした(笑)
しかしそうなんですよね、優れた音楽家こそそういう練習を積み重ねていらっしゃるんですね。
私も基礎がんばります!
[ 2011/10/25 12:13 ] [ 編集 ]
Re: らっぱ@たかさん
うわぁああああああ、やる気ですね!笑
何度も書きますが、ほんと日々のクソ練習の積み重ねですよね。

ちなみに、Bo Nilsson はドイツ語で「Scheisse Uebung!」って言ってました 笑
[ 2011/10/27 19:54 ] [ 編集 ]
Re: らっぱーさん
> クソ練習、ツボでした(笑)
ありがとうございます 笑 
英語でもドイツ語でもイヤ~な練習は世界共通なんですよね 笑

わたしもいまさらですが基礎に戻らないと、って思いました。
お互い楽しんでいきましょう^^
[ 2011/10/27 19:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。