非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

マリカのソファー/バリ夢日記

ハロルドです。

昨年末から再び読書熱、再燃なう。
たまにレビューっぽくここに書いてますが、見直してみたら雑食感あふれてますね。

今回は、吉本ばなな著「マリカのソファー/バリ夢日記」を読んでみました。



幼い多重人格者と近所に住む主婦の交流、とでも言いますか。
(こうやって書くと陳腐だなぁ、って我ながら思った)
もちろんあくまでも物語なので、実際はどこまで根気強くいられなければいけないのかも
計りかねますが、よく書かれているなぁと感動を覚えずに入られません。

マリカが成長していくにつれ、「自分」という存在をだんだんゆっくりと表に出していくようになる。
そうして少しづつ強くなっていくにつれ、いままで当たり前のように共存していた内部の「他人」が
マリカ自身もよくわからないまま、溶け込んでいく。らしい。
そして、18歳になったマリカのもとにはまだひとりの男の子が共存していて。。。

そんな感じでどんどん読めていけます。
もともとは「マリカの永い夜」という本の改題・改作だそうで、ずいぶんと手直しをしたようです。
手に入ったらぜひ読み比べてみたいです。

文庫本後半は、吉本ばなな本人による、旅行写真日記。
作家の旅行中に書くメモ日記、というのを読むのもおもしろい。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/20 16:29 ] 本 読みました | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する