非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Maurice André 氏、死去。


2012年2月25日、フランスの世界的トランペット奏者であったモーリス・アンドレが亡くなりました。

享年78歳。

screenshot34.jpg

彼は世界中のトランペッターの憧れでした。
わたしも彼の音色に少しでも近づきたいといまでも思っています。

彼はトランペットのための録音をたくさん遺してくれました。
それはこれからも勉強中の学生だけではなく、トランペッター・音楽家の示唆になるでしょう。

わたしがはじめて彼の録音を聴いたのは、中学生のころでした。
音楽好きな父親が、トランペットを始めたわたしに廉価版を買ってきてくれました。
カラヤン・アンドレ・ベルリンフィル、のコンチェルト集だったと思います。

あのころは、彼がどのトランペットで演奏しているかなんて知らなくて、
ただただ「キレイな音がする!すげぇ!」と思って、何度も聴きました。
それがいまのわたしの音色のイメージの元、になっていると思います。

ピッコロトランペットが吹きたいと思ったのは、尚美に入学してから。
2000年台初頭は、まだいまほどインターネットも盛んでなく、気軽にCDも買えませんでしたから、
銀座のYAMAHAや山野楽器で、彼の音源を視聴しまくりました(貧乏学生だったから)。

2003年には、サントリーホールでの来日コンサートを聴きに行きました。
あれが最初で最後の生演奏でした。
あまりに気持ちよい演奏だったので、寝てしまったことを覚えています。。。

偉大な音楽家であったアンドレ。
彼の音のダイナミックレンジ(pp~ff)とハイトーンの伸びは、ネ申です。
M.Haydn のトランペット協奏曲の最高音 A3 は、ネ申です。

どうぞ安らかにお眠りください。
R.I.P.

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/29 10:30 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。