非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

ベルリンでコンサートを聴く。

ハロルドです。

今週は一泊二日でベルリンへ行ってきました~。
目的はコンサートとレッスン。
演目がステキで、年明けから目をつけていた Staatskapelle Berlin のコンサート。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J.Brahms: Klavierkonzert Nr.1 d-Moll op.15
A.Berg: Lulu-Suite
R.Strauss: Till Eulenspiegels lustige Streiche op.28

Daniel Barenboim, Dirigent
Rinnat Moriah, Sopran
Radu Lupu, Klavier
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハロルド的にはかなり「ぎゃふーーーん」って感じの演目。
特にピアニストのルプーが聴きたかったのでウキウキでしたああああ(*´ω`*)

R0020183.jpg

Philharmonie 久しぶりに来た。
席はなんと、前から三列目。

R0020182.jpg

ちょっとズームしてみた。
ピアニストと指揮者が超近かった!
でもバレンボイムは写真嫌いなので、今回は自粛~。

バレンボイムってのはホントにすごいです。
拍手が終わるなり、さっと手を上げていきなり振りはじめちゃう。
しかも席が近いからか、めちゃくちゃ呼吸が聞こえる。きっとトランペット吹けるよ、ってくらい。
彼の威圧感とオーラはすごかった。あれが一流なんだと思い知る。
あと、彼はほとんど暗譜で振ります。それもスバラシ!たまに振り間違えてたけど(オフレコ)。

ルプー、彼のブラームスの録音が好きなのでホントに楽しみでした。
彼もまたコンサートピアニストとしての歴が長いので、威圧感とともに楽なオーラもありつつ。
どっかりと椅子に座って、超ゆったりな感じ。ピアノの出番が来るときも気負わないで
なんだかさらりと弾いてしまう。タッチもめちゃ軽くて、でも音量出てるな~という。
ちゃんとオケ聴いてるんだよね。すばらしい演奏でした◎

ベルクは久しぶりに聞いたけど、この曲もステキだよなーと再確認。
現代音楽なのにちゃんと調和があるもんね。
トランペット上手かったなぁ。あのひとマジですごい。
「ルル」はまだ観たことないけど、いつか観にいこう。

シュトラウスは短い曲だし、アンコールのような全体的にリラックスした雰囲気でした。
いい。すごくいい。管楽器も安定してるし、聴いていて不安がない演奏はいいですね!

コンサートのあとは Rainer に会いにカンティーネへ。
ビールを2本もご馳走してもらっちゃいました 笑
ひととおりお話をして、友達とご飯して帰ったんですが、なぜか終電がなくなってて
(実は週末と間違えていた。ベルリンは週末は一日中電車が走っています)
めんどくさかったから友達とタクシーで帰った、っちゅーオチ。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/10 11:36 ] 演奏 聴きました | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する