非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Probespiel 第三弾。

ハロルドです。

水曜日は Freiburg という街まで Probespiel に行ってきましたー。
SWR (南西ドイツ放送響)の研修生の席です。

ロストックからフライブルグまでは、電車で最短七時間半
ドイツの北端から西端まで(笑)えいこら行ってまいりました。

気になる結果は今回も残念賞。
一次はハイドン1・2楽章、場合によってはオケスタのシグナル三種も演奏してください、
とのことでしたが、わたしは一楽章+カデンツで 「だんけしぇーん」 と言われました。

参加者は23名。一次合格者は5名。
わたしは9番目だったのであっさり終わり、そのあとは結果が出るまで
ホールのドア付近で参加者の演奏を聴いてました。
同じ学生の演奏を聞く機会もそうそうないので、なかなか勉強になりました。
上手いなぁと思ったひとは一次通過していました。

なにが良かった・なにが良くなかった、というのは自分がよくわかっているわけで、
いまのままではまったく一次も通過できない、というのも身にしみてきました。
上手いひとは、すごく洗練されていました。音もスタイルも。
それに比べて、わたしはなんだか全体的にぼやけていると思いました。

舞台に上がって「さあ演奏だ!」って思うと突然身体が硬くなってしまう。
それはよくない。非常によくないです。
メンタルトレーニングは着々と進めていますが、場数がまだまだ足りていないようです。
どんどん受けて、どんどん友達に聞いてもらって、その経験が Probespiel でも
生かされるものだ、と先生も言います。


できていないのにやらないなんて怠慢だ
上手いやつはわたしなんかよりももっと練習している


自分自身に負けず、目標に向かって、日々精進します。


フライブルグの写真もそのうちうpします♡

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/20 12:08 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。