非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

Lechner の改造後報告。

ハロルドです。

四月のザルツブルグ行きで、一番重要だった「トランペットの改造」。
その後を書いていませんでしたね。

まぁ一般的には大したことではないのかもしれませんが<改造
わたしにとってはこのことが一年以上わだかまりのようになっていたので、
結果的には良かったと思います。

写真が少々薄暗いのが気になりますが、以下改造後。

支柱をいただきました。
R0020780.jpg

ネジで抵抗感を調整できます。
R0020781.jpg
もともと軽いタイプの楽器だったので、抵抗をつけたかったんですよ。

可動式支柱なので、基本的にはどこにつけてもオッケーです。
R0020782.jpg
現在は 「左側小指かけとチューニング管の真ん中」 のあたりにつけています。

左側指かけ。これは1cmほど手前に動かしてもらいました。
R0020784.jpg
男性に比べて手が小さいので、これはやってもらってよかった!

・・・難を言えば、キズがついてしまっているのですが、ドイツ人やオーストリア人のような職人は
細かいところは気にしませんから、わたしも気にしないことにしました。笑

R0020783.jpg

左手親指かけ、別名三番トリガー。
R0020779.jpg
左:短いもの 右:今まで使用していた標準のもの

左手の負担がずいぶん減ったように感じます。距離が縮まったので当然ですね。

右から二番目にあるのは 
「楽器水通しがめっちゃラクになる、シャワーヘッドに取り付けるやつ」
R0020778.jpg
・・・正式名称がわからんのですよ。

Lechner オリジナルのポリシングクロス。
R0020785.jpg

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/18 14:25 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する