非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Festliches Konzert für Zwei Trompeten und Orgel.

ハロルドです。

今年の5月27日・28日は Pfingsten (聖霊降臨祭)という祝日でお休み。
わたしは昨日、その関連のためベルリンでコンサートしてきました。

日頃からお世話になっている日本人のトランペッターの方から急遽お話があって、
あんまり日にちがなかったのですが、経験のため引き受けました。

2本のトランペットとオルガンのコンサート。
J.B.Loeillet, F.Manfredini, P.Franceschini, A.Vivaldi
こんなに・・・(弱気)!
しかも、ヴィヴァルディ以外はやったことないよ(´・ω・`)

2本トランペットのコンサート、実はほとんど経験がなくて、かなり不安でした。
プローベはベルリンで一回、ほぼ通し。
コンサートまで10日、ひたすら(もちろんひとり)練習練習。

けっこう5月は忙しくて、レッスンもなんだか週二回とかあったり。笑
そんななかで、朝と夜に練習時間を取り、家では再度譜読みと指の練習。
知らない曲を新たに勉強してさらうのって、大変ですねー(いまさら)。

なんだかこのコンサートのことで毎日アタマと胸がいっぱいになっちゃってですね、
練習すればするほど不安になっていくという。。。苦笑
全然、解消されなかったなー。緊張してたんだろうなーと思います。
おなかが空いてたら音出ないくせに、食欲もなくなっていくし。
てな感じの、ひどい10日間でした。

そんなこんなでコンサートは終わり、反省ばかりです。
久しぶりだったなぁ、こんなプレッシャーのような状態は。

オーディションや他の仕事だったらあまり緊張しないし、モチベーションも当日までに
上げていける気持ちの余裕はもっとあるんだけども。
今回はとりあえず、いろんなことが解消されないまま本番に臨んだ、あんまりイイとは
言えない状態でした。(´・ω・`)ションボリ

こういう機会はあまりないので(2本トランペット)、いい経験をさせていただきました。
これからいつ依頼が来てもいいように、このあたりの曲もさらっておかなければ。。。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/28 14:22 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。