非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レッスンとオペラ三昧。

ハロルドです。

週末、一ヵ月半ぶりにベルリンへ行ってきました。
Rainer Auerbach 氏が忙しくてロストックに来れないので、レッスンを受けてきました。
曲の相談をしたのですが、夏ゼメスターは短いのでちょっとプログラムの変更をしてみたり。

たぶんフランセは吹かないことになりそう(´Д`;)
まぁタケミツがすでに現代曲なので、反対にバロックのソナタにしようかな。

ベルリンでの週末、とても充実して過ごせました。
Staatsoper im Schillertheater でのオペラ三昧。
金曜日はモーツアルトの「偽の女庭師 La finta giardiniera」
土曜日はウエーバーの「魔弾の射手 Der Freischuetz」
日曜日はワーグナーの「神々の黄昏 Goetterdaemmerung」

どれも素晴らしかったです^^
特にワーグナーのリング、まだ聴いたことがなかったので。
オケの舞台裏でこっそり聴いたので、舞台はまったく見れませんでしたが。
しかも6時間という最長オペラ、電車に乗る関係で少ししか聴けなかったのです。

今回はほぼ一日中 Staatsoper にいました。笑
レッスンを二日、先生が時間を取れる限りやってくれたので
ほとんど外に出なかったっていう。笑

学生じゃなくなるとこんなことも気軽にできなくなるので
今のうちにベルリンに通ってたくさん感動しておきたいです。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/04/22 13:23 ] @べるりん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。