非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6月後半入りましたー。

ハロルドです。

11日・12日と行われた大学オケでの2013年ワーグナー祭、無事終了です。
わたしは二曲吹きまして(リエンツィ序曲と歌曲)なんだかんだいい経験になりました。
ちなみに、ワーグナーはまったくと言っていいほど得意ではありません。

週末15日は Warnemuende の教会で、金管アンサンブルコンサートでした。
トランペット・トロンボーン・ホルンでそれぞれのアンサンブルをやり、
間にいくつか大編成を演奏しました。

演奏会後は…ドイツに於ける夏の恒例行事でもあるBBQ!!
アンサンブル指導をしてくれている先生が、ビールから食べ物まで事前に全て用意して
しかも場所まで提供してくれて、とても楽しい時間でした。
学校にいるとき以外は若者たちとあまりつるまなくなって久しいですが、
こういう催しの後はそんなことも気にならず、わいわい楽しめてよかったー。

すでに6月半分が過ぎ、ここからはもう実技試験に向かうだけの日々です。

5月はうまく馴染めなかったEs管とも、なぜか6月に入ってからは突然吹けるようになったり
ちょっと嫌がっていた新しい先生とのレッスンも、あとで反芻するとやっぱり彼の言うことは
正しいのか、と納得できたり。
いろいろなことがちょっとずつ修正されてきたようで、個人的にはすごく嬉しい。

修正されているのが実感できるということは、少なからず自分自身でも
変えようと努力している結果…?なのかもしれないし、そうだったらいいなと。

もう無謀な高望みはしません。
いまわたしが望むのは、自分ができることをひとに伝えることができるかどうか。
(大変日本語は難しいですね)
臆することなく演奏したい、それだけです(><)

演奏者ってなんなんだろう。
なんのために演奏するのか、って考えるとそれだけで人生終わる気がする。

まーやっぱりハロルド的にいちばん大事なのは、楽しんで演奏しよう、ってことです。

終わり。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/06/17 13:17 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。