非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

オルガンとトランペットのコンサート。

ハロルドです。

ドイツは正月などありませんので、至ってフツーの日常を送っています。
いつもどおり更新速度が遅い、ということでもあります←

遡るのはあまりしたくない、みたいなコトを前回書いたような気もしますが
今日は年末(2013年12月29日)のオルガンとのコンサートについての後記。

こんなチラシを作ってもらいました。
DSC_0723.jpg

Weihnachtsmusik fuer Trompete und Orgel
(トランペットとオルガンによるクリスマスソング)
と書いてありますが、クリスマスっぽい曲はなかったですwww

それぞれやりたいものを3~4曲選んでみました。

ロストックから車で10分の郊外にある、Bentwisch という小さな村。
DSC_0726.jpg
教会は小さくもなく、普通の村の教会という感じ。

上部にある緑色のものがオルガン。
DSC_0725.jpg

古い教会だしオルガンもかなり歴史のあるモノだろう、と話を聞いたら
(名前は忘れましたけど)そこらで有名なオルガン製作者の弟の作だとかなんとか。
しばらく演奏されずに眠っていたらしいのですが
2005年ごろ?(これも忘れた)に調整をし直して、再び使えるようになったそうです。

オルガンは歴史もあるし奥深くて興味が尽きないので
これからもなるべく話をしっかり聞くことにしよう←


今回演奏した曲はコチラ。

・Giambattista Martini : Toccata in D-Dur
・Pavel Josef Vejvanovsky : Sonata in g-Moll
・Rolf Wallin : Elegi
・Klaus Heizmann : Zuende an dein Feuer, Herr, im Herzen mir

トランペットとオルガンの曲は、昨今かなり増加しています。
ここに挙げた4曲は特に有名でもない曲だったりしますが(汗
堅苦しくなくどれも聴きやすい選曲にしました。

共演したオルガン奏者である Birger Petersen 教授は、
Buxtehude(ブクステフーデ、有名なオルガニスト)祭でございましたwww
5曲も弾いたら大満足だよね。ウケるw

コンサートは地元のお客さんが多数でした。
終わったあとにたくさんの拍手を頂くのは音楽家・演奏家の喜びであり
それに加えてあたたかい拍手だったなーと記憶。


おこづかいを頂いたので(爆)夜はギリシャ料理を食してきました♪
DSC_0727.jpg
大好きなタラマ!

DSC_0729.jpg
ビフテキとクロケット(コロッケ)。


今年の抱負などは後日また。。。笑

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/13 19:06 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する