非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

【Diplom】Sonatenteilprüfung

ハロルドです。

卒業の記事と順序が逆になってしまったのですが…
2月25日(火)に行われたソナタ試験のことについて記しておきます。

2月はすでに大学が春休みに入っており
そんなわけで大学HPにも催しとして記載されておらず…
しかし何人か知り合いと友達を誘って、聴きにきてもらいました。

なもので、かなりアットホームな雰囲気で試験でした^^;

今回はトランペット科三名の合同試験、コンサート形式で行われました。
休憩無しの約一時間半、トランペットづくしで聴くほうも大変だったかな…苦笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

演奏した曲は

T.Charlier : Solo de concours (シャルリエ:コンクール用小品)
G.Torelli : Sonata a cinque in D-Dur (トレッリ:五つのソナタ)
T.Takemitsu : Paths for trumpet (武満徹:径~ヴィトルド・ルトスワフスキの追憶に~)

個人的全体評としては80パーセント上手くいったかなという感触。
しかし審査員の評価はイマイチ…でした。

以前から酸っぱく言われていた
「堂々と演奏」「わたしはここにいる、という演奏」「守りに入らない演奏」
こういった箇所が全く評価に反映されませんでした。

試験前、ライナー先生に
「好きなように、思うように演奏していいんだよ」と言われたもので
腹を決めてそのように演奏・提示したつもりだったのですが
わたしの演奏スタイルというものは、どうも前向きに評価されないようで。。。悲

しかし、それでも私自身は満足し、達成感のあった演奏だったと思うのです。
演奏していて楽しかったし、緊張も適度にあったし
全て終わったとき、難点はあったけれども全体的にはよかった。

自己満だとは思いますが、少しづつ自分自身を認めていくことも
必要だと学びました。
若いときには実感できなかったけれども、今この歳だからこそわかることもある。



なにが大変だったのか、終わってみるとあっけらかんとしてよくわかりませんが
やっぱり「試験」という言葉にすごく焦り、追い詰められていました。

年が明けてから準備し始め(遅)、約一ヵ月半、苦しい練習の日々。
いろいろ考えたし絶望感もたまにあり、わたしはなんでこんなことやってるのか、と。

試験とは、やはり通過点に過ぎませんでした。←

これからは聞いてくれるひとのために演奏できます。

ソロを吹く機会はこれからもあるかわからないけど
準備はしすぎるに越したことはないです。

これからは気持ち新たにマイペースで頑張っていきたいと思います。


DSC_0819-1.jpg
時間がなくてあわてて当日に作成した手書きのプログラム。笑

関連記事
スポンサーサイト

タグ : ディプロム マスター バチェラー 卒業試験 トランペット

[ 2014/03/17 12:04 ] ディプロム取得試験 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する