非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

ドイツの運転免許証に切り替える。その2

こんにちは、ハロルドです。

前回の記事の続きとなります。

運転免許証切り替えに必要な書類

・日本の運転免許証(有効なもの)
・日本の運転免許証の翻訳証明書(ドイツ語)
・運転免許経歴証明書(英文またはドイツ語)
・パスポート
・住民票
・証明写真1枚(45mm×35mm)


それぞれ自分でコピーを取っていったほうが安心です。
わたしの場合、役所でオリジナルを提出したら、向こうでコピーを取って
オリジナルは返却されました。

・・・・・・

午前中早めに役所(ロストックでは街外れにある Stadtamt )へ行き
Führerscheinstelle, Führerscheinangelegenheiten などと書いてある階へ。
待合室があり、自分の用のある課のボタンを押して番号札をもらいます。
(外国人免許証書換という項目があるはず。)

呼ばれたあとは、役所の係員の指示に従います。

役所の対応ってホントにまちまちです。はじめて話を聞きに行った春ごろは
担当のおばさんが「よくわかんないわ~」などという雰囲気の持ち主だったのですが
おおまかな話はそんなおばさんからも聞けるので、一度は訪れたほうがよいですね。

今回はずいぶんと手馴れているおばさまで、何事もうまくスムーズに運びました。
向こうが聞いてきたことに答えるだけで、自分からあれこれ墓穴を掘らなくて済みました。笑

たしかにわたしの例は珍しく(すでに二回失効してるとか)
こんなに放っておいたならドイツでもっかい試験しろよ!
とか言われてもしょうがないよなあと、半ば諦めモードも入っていましたが、
ドイツの良いところは書類がきちんと揃っていればうまくいく
というところに尽きますね。

ビザの申請で何度も外人局を行き来しなければならない、などという話も聞きますが
わたしはその手間をかけたくないので、書類集めにはいつも本気モードで臨みますw

役所対応は運次第、などと在独外国人によく言われます。
そう思わなくもないですが、外国人であるという自分を意識して
自分がされたら嫌だと思う行動・言動は慎むにこしたことはありません。
(書類が手元にないけどどうにかしてくれ、的なこと。当然無理ですw)

・・・・・・

本人確認やサインをしたあとは、念願の
「じゃあ下の階に行って Kasse でお金を払ってきて」というお言葉。
この時点でいやっほーーーーいミッション完了!免許取得!が実感できますw

ワタクシ、今回 55.40ユーロ (2014年9月現在)という手数料でした。
基本は 33.20ユーロ ってHPにも書いてあったんですけどね。
まあ諸手続き代らしいです。

明細内容はこんなんでした。

・更新料 €33.20
・申請料 €5.10
・役所(からの)情報 €3.30 ←たぶん個人情報データベース
・登録料 €1.00
・役所での面会時間 €12.80 ←えらい高いw15分だってw


日本の運転免許証はドイツのものと交換になります、と言われました。
なのでまだ手元にありますが、受取時にトレードするんですね残念です。

日本の運転免許証をドイツの運転免許証に書き換える際に、原則として、日本の運転免許証はドイツの運転免許センターに一定期間保管され、その後、当大使館宛てに郵送されることになっています。当館に送付された免許証に関しては当館管轄地域にお住まいの方には当館から、当館管轄地域以外にお住まいの方には居住地管轄の各在外公館に転送後、在留届で住所・連絡先が確認できる方に返却しています。

(在ドイツ日本国大使館HPより抜粋)

ということを伝えたら、そうです後々そのようにされる予定ですよ、との返事が。
ああよかった。でも心配性だから、受取に行くときまたしつこく確認しよう。←

役所のおばさんは「二週間後にできるので、都合のいい日に取りに来て」
と言っていましたが、余裕をもって10月の終わりごろに行こうと思いますw



長文、読んでいただきありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2014/09/27 14:17 ] ドイツ あれこれ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する