非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

2015年の目標。

こんにちは、ハロルドです。

わたしにとって唯一の安息日である金曜日!
なのですが、本日残念ながら雨。雨。大雨。

気を取りなおして、昨年の反省と今年の目標を書いておきます。

2014年のハイライトは、五年在籍させてもらったロストック音大を卒業したこと。
何度も書きましたが、顎関節症の再発により二年半ほど苦しい思いをしましたが
45分の卒試プログラムをなんとか吹ききることができました。
今現在は生活が安定してきたこともあり、すっかり快方となりました。
学生でいたあの時期は、自分が30代であることと、今までのように吹けない自分への失望、そんなことでいつも焦っていて、基本に立ち戻るということを怠っていたように思うのです。
年齢に関しては、遅くドイツに来たのでしょうがないとも思いましたが
やはり20代後半から30代にかけて、少なからず日本で自分で組み立ててきたものが
バランスを失ったため、それと共に精神的な不安と重なったのではないかと。
オーケストラ奏者になる、という夢にも長いことしがみついていたけれど
ようやく諦めることができて、それも精神の解放に繋がったのだと思っています。
固執しすぎることは精神にも身体にも悪い。と二年半かけて学びました。汗

卒業後の三月以降は、音楽学校でのレッスンだけではなく
生徒と一緒に吹奏楽やビッグバンドに参加し、本番をこなすことをやってきました。
そうすることによって、先にも書いた「基本に立ち戻る」ことを再び実践し始め
なんとか快方に向かうことができた、そんな下半期でした。



さて、一転変わって2015年のらっぱ目標。
・ロングトーンもうちょっとしよう
・音階練習しよう
・トランペットソロのレパートリーを増やそう

上記二点は、あーだこーだ言わずもがな。
三点目は、再び近現代熱が沸いてきた、ということと
ピアノなしソロ曲は、ちょっとしたときに吹けると便利ですからね。。。

あと、ツイッターにはちょこちょこ書いてるんですが
ピッコロのA管シャンクの購入検討をしています。
シルキーのピッコロはコルネットシャンクが標準装備ですが
昨今ではオプションでA管トランペットシャンクまでも売られているのですね。
こちらドイツでは、ドイツ管ピッコロはトランペットシャンクが標準なのですよ。
ドイツ人はけっこうむっちりした音を好むので、ピッコロらしいかどうかは置いておき
吹奏感はもしかしたら開けた感じになるのかな~と思案中。

ちなみに、250ユーロです。高い?安い?
あと疑問なのは、マウスピースはコルネットシャンクで使用しているものと
同じ大きさでいいのかな、ということ。たぶん大丈夫だろうけど。買わなきゃ。爆

関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2015/01/09 12:09 ] とらんぺっと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する