非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

卵巣のう腫摘出手術を受ける(手術前)。



ロストックで子宮頸がんの手術を受けたのが約二年前になる。
それから三ヶ月に一度の定期健診を受け、経過観察を続けていた。
そしてとうとうロストックを引越しする今年の二月、
最後の検診に来てくださいね、と言われ、普段はあまり使用されなかった
超音波検査をしたら、なんとまた別の場所に異変が発見されてしまった。

モニターにはなんとなーく暗い影があって、とりあえず全て説明してくれたけど
とりあえず聞くことはひとつのみ、
「これはガンなのですか?」
先生は違うよと言ってくれたので一安心。
家に帰ってごそごそ調べたら、卵巣のう腫というものでした。

卵巣というものは肝臓やすい臓と並んで「沈黙の臓器」という異名を持つらしく
自覚症状を持ったときにはけっこう進行していることが多いんだとか。
わたしの腫瘍はほぼ良性で、大きさも2~3cmということなのだが
ロストックの主治医が心配性なのか神経質なのか手術を勧めてきたので
引越し先の新しい主治医にもその旨を伝えた。

残念ながら手術は設備の整っている病院でないとできないものなので
(特に重要なのが麻酔科の存在なんだろうと思う)
Wismar ヴィスマールという隣町に行くことに。
バスでも行けるけど、幸い同居人が車を出してくれるので心配なし。

術後は一泊入院、と言われているけど、前回のこともあるのでよくわからない。
日本の方の体験談などを読んでいると、手術前から後までトータル四日間くらい
病院にいるじゃん!って思うんだけど、ドイツはとってもあっさりしていて
痛みなどがなければとりあえず帰っていいよ(24時間同伴者必須)とか言われる。
せっかくなので入院したいんですけどね・・・そういう体験はぜひしたい。

予定日は今週。
自宅療養期間に手術のことをあらためて書くつもり。

関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

タグ : 卵巣のう腫

お大事に。
お引っ越しの前後にそんなことが…今の体調はいかがですか?

私は子宮筋腫持ちでして、いずれ手術と言われてるのですが、なかなか踏み出せないでいるので、2度目の手術と聞いて驚きつつも尊敬してしまいます(笑)

無事手術が済みますように!
[ 2015/04/27 15:20 ] [ 編集 ]
マジか!
無事に手術終わるの祈ってるよ!
[ 2015/04/29 15:37 ] [ 編集 ]
らっぱーさま
コメントありがとうございます!
先週、無事に手術が済みまして、自宅療養なうです。

らっぱーさん、子宮筋腫持ちだったんですね。
わたしは怖がりなので手術はできるだけ早いほうがいいなあ、と思うタイプです。笑
なので、そんな診断下されたらすぐにでも取ってしまいたいです…!お大事になさってください。
[ 2015/05/04 13:38 ] [ 編集 ]
ジャイ
終わったよ終わったよ!
祈り届きました、ありがとー。
[ 2015/05/04 13:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。