非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

卵巣のう腫摘出手術を受ける(朝ごはん~退院)。



5月1日(金)退院日
カーテンを閉めないで就寝したので、朝日で何度か目覚める。
午前7時ごろ、うとうとしていたら看護婦が体温と血圧を測りに来た。
朝ごはんはまだなのかなー、なんて普通に考えるくらい、体調は良くなった。

午前8時ごろ、朝ごはん到来。
DSC_0650.jpg

ええ、これだけですよ・・・orz

説明するまでもないわけですが、それでも書いておこう。
食パン、丸パン、チーズ一枚、ジャム、バターそしてコーヒー。

DSC_0652.jpg

まあ、美味しいもなにもないです。全てがあまりにも普通すぎて。
お腹まわり(というか下腹部)が微妙に痛むので、食欲はあったけど
食べる速度がかなり遅かった。これだけなのに、たぶん30分くらいかかった。
コーヒーがなんかえらい好みの濃さで、お代わりをいただいた。
廊下にコーヒーや飲み物のトレイ?が置いてあるらしく
それは自由に飲んだりしていいですよ、と看護婦に言われた。

午前9時すぎ、医者の回診(入院患者っぽい!)があった。
手術をしてくれた女医ではなく、医長らしき人物。ちょっとオネエっぽかった。
そして、何を話されているのかあんまり聞き取れなかった(爆)
迎えが来たら帰れますよ、ゆっくり休んでください、的な感じ。

そうこうしているうちに、隣人のお迎えが来た。
ああ、この娘もなんだかんだ言ってたけど帰るのね、と思いながら身支度を見ていたら
彼女がもらったらしいお見舞い品?がけっこうあって驚いた。
風船やポテトチップスなんか別に退院してからでもヨクネ?って思った。

彼女が退室した後、身支度を心置きなく始めることができた。
と言っても、わたしのお迎えが何時に来るのかを覚えていなかったので
けっこうのんびりしていたら早めの11時ごろに来てくれた。
同居人が仕事で来れなかったので、近所に住んでいる友達に頼んだのだ。

退室してナースセンターに挨拶して、それで終わり。
会計も薬の処方もなにもないので、煩わしくないのがドイツのいいところ。
入院は一泊だけだったけど、病院はいろいろ新鮮で楽しめました。



術後は10日ほど自宅療養ということなので、仕事はお休み。
いくら手術とはいえ、仕事に穴が空くのは良くない、
やはり健康でいられることはしあわせなんだと思いました。

またしばらく婦人科に定期健診に行く予定。
卵巣はちゃんと残っているのでとりあえず安心です。←コレ大事!

関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

タグ : 卵巣のう腫

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する