非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春の一時帰国。


しばらく更新を怠っていたハロルドです、こんにちは。

3月の22日~4月4日まで、春の日本一時帰国をしてきました。
残念ながら成田に降りついた日以外は寒の戻りとかでかなり寒かったですw
桜もなかなか満開にありつけず、ドイツに戻ってきた週に満開だったのかなと。

IMG_0639.jpg
土浦は亀城公園の桜。曇り空で残念。

2015年の夏の一時帰国からわずか半年、こんなスパンで帰ってきたのは
2009年以来で、帰国すること自体をためらっていましたが結果的には
帰ってきてよかった、のひと言に尽きます。

理由はごく単純で、地元・茨城で通っていた土浦第二高校吹奏楽部の
定期演奏会でOBOGジョイントコンサートをすることになったのでぜひ
出演して欲しい、との依頼によって。
ソロでもないしましてや仕事でもない。
でもそれには替えられないものもある、と思うのです。

一緒に演奏したのは創部当時の先輩から高校生までの約90名。
知ってる代も知らない代もみんな一緒。
それでも音楽は一体感を産み出せるもので、やっぱりおもしろい。

IMG_0701.jpg
本番前日のホール練。上から見れるのはトランペットの特権。

吹奏楽はホントにいまでも大好きで、今回久しぶりにそのサウンドに
身を置いてみると、やっぱりドイツとは全然違う、日本ならではの感覚。
できることならまたやりたい。

吹奏楽部の常任指揮者は高校・専門学校の後輩で、地元でがんばって
フリーで活動していて、今回は彼女の大きな成長に刺激を受けました。
わたしはフリーになって三年後にドイツに渡ったけれど、多くのフリー奏者は
東京近郊または地元で活動を続けているわけで、わたしもドイツに行かなかったら
地元に残っていられただろうか、などとぐるぐる考えたりもしてたわけで。
まあそんなのは「たら・れば」でしかないお話。

実家ではあいかわらずの自分の部屋の断捨離。
帰国するたびにやっているけれど、まだまだある。
毎回納得してドイツに戻ってくるけど、また日本に行けばやるだろうな。
関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2016/04/17 17:57 ] @じゃぱん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。