非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

節目と誕生日。


こんにちは、ハロルドです。
書きかけの記事を放っておいたらまた半月更新なし。
放っておいた記事も、結局気分が乗らないと書けないのでボツ決定。

先週はハロルドの30+○歳の誕生日でしたーパチパチ。
よもやこの世に生を受けて30年以上経ちました。すごいな。

節目の年なので(これで年齢バレてる)、長年思い続けてきたことを
整理するつもりで書き出しておこうと思います。


・中学生くらいのときに(から)決めていたことがふたつあります。
「25歳になったらプロオケに入っている」
「35歳になっても芽が出なかったらラッパやめる」

上はとっくに過ぎましたので、時効ということで書いておきますが
いちおう、そのような考えでトランペットに向かっていました。
この節目もずいぶん私には重いもので、フリーランスであることの葛藤が
すごかったです。半分ウツ。それでもなんとか生きていたけれど、
オーディション受けても通らないし、ソロもまあなんだか振るわない・・・
いろいろと流れが悪くなっていました。

そんで悩みながらもドイツまで来れたわけですから、そのときの自分は
まだ死んでいなかったということで、いちおうの終結。復活しました。

下は今回なんですけど(爆)
ドイツに来てからもだんだん悩むようになりました。
音大に入ったは良かったけれど、やっぱりオーディションに通らないとかで
楽器もなんだか上手くなった気がしない、など下降気味でした。
何度も書いたので割愛ですが、卒業してからストレスがなくなり、いまでは
自分の思うように吹ける、という感覚が戻ってきたと思ってます。

まあそれで、この節目。
どう受け止めるかは自分次第、です。
(勝手に決めたの自分だしねー)

やめる、っていうのは「やめる」ことを想定していないのです。
やめたくないんです。ツンデレなんですあまのじゃくなんです、当時から。

これ幸い、仕事もあるし人並みの人生を送っていけそうな気がするので
ホントにやめたいって気持ちになるまで保留です。
新しい楽器も買ったわけだし、やめるとかあり得ない。笑

というわけで、節目のハロルドを引き続きよろしくおねがいします。

関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2016/06/17 16:17 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する