非日常的ハロルド@どいちゅらんど

在独8年目となりました。北ドイツでのんびり暮らしています。

歯医者に行ってきた。


重い腰をあげて、予約を取って、なるべくなら行きたくないけど
ようやく歯医者へ行ってきました。

しかもけっこうめんどくさい(と思われる)上の奥歯。
一ヶ月くらい、食べたものが引っ掛かる感じが続き
それを取るために、舌を使っちゃうんですね。
(そのせいで肩や首に負担がかかったのかもしれない)


ドイツで歯医者に行ったのは、ロストックに住んでいるときで
もう忘れちゃったけど、奥歯の詰め物が取れたからって行った気がする。

その歯医者は普通なようでけっこう変わってて
治療前なのにコーヒーを淹れてくれて(聞かれたからくださいって言った)
飲みきれなくて残したら、治療後に「残り飲む?」と聞いてきた。
もったいないので残り飲みましたよ(冷めてたけど)。


わたしの行く歯医者は家族経営なんだけど、田舎町にしてはスタッフも多くて
院内も清潔なので、けっこう気に入っている。

担当の先生は、そこの若先生(勝手にそう名づけたw)で
けっこうイケメン…というか単にわたしの好みのドイツ人w
そしてすごい気さくで親しげな笑顔を向けられると
目をそらしてしまうわたしはいつまでも日本人www←

先生は定期健診のつもりだったらしく、
ざーっとわたしの上下の歯を診察して
 「はい、大丈夫ですよ」などど言うので
私「いや、あの、上の奥歯が穴開いているような感じなので…」
 「そう?これ穴じゃないよ、昔の詰め物が少し減ってるだけだよ」
私「もっのすごい不快なので、新しく埋めてもらえませんか?」
 「僕はどっちでもいいけど(君がそんなに言うなら)」←

…こういうモノの言い方は、いかにもドイツ人らしいですね…

こうして、麻酔をかけてもらい、奥歯を埋めなおしてもらいました!
麻酔無しでもいけたと思うけど、やっぱりあの音を聞くと怖さが倍増!
なので有りでよかったです。
開口障害のことも伝えたけど、こればっかりは自分でもいくらか
がんばって開けなければいけないのがツライ、です。
このおかげで一日中顎のあたりが落ち着かない感じになったり。。。

とにかく気になっていた場所がなくなったのでよかったー。

これからも悪化する前に定期健診はちゃんと受けとこうと思います。

関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 海外情報
テーマ : ドイツ生活

[ 2017/05/13 12:00 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する